ぽてやん通信1510

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1510 

天高くおっさん肥える食欲の秋



子どもが急に「城好き」始めたので、それではということで、
家族でお城めぐりをすることにいたしました。

幸いなことに関西圏には有名どころのお城が多いので、
まずは大阪城へ。

皆さまご存知のとおり秀吉の築いた大「坂」城は焼失し、
いまの大阪城は昭和の鉄筋製ですが、堀や石垣などの城塞としては
迫力満点ですのでぜひ見せたかったのです。

ものすごい数の外国人観光客であふれておりましたよ。

次は、平成の大改修が完了した姫路城へ。
「平時の城」といいますか安定した江戸期に完成した城のため殺伐感はなく
デラックスな印象がいたしますね。

高速道路も混んでいるし嫌な予感はしていたのですが
到着すると入口まで長蛇というより大蛇の列。

朝の時点で入場までなんと三時間待ちとのことでやむなく断念。

隣接する手作り感満載の市営動物園からお城を眺めるだけになりました。
子供の入場料が三十円という粋なことをやるこの動物園兼遊園地は
アラレちゃんの乗物も現存する昭和テイストが漂っています。
おすすめです。

ほかにも子どもに見せたい良い城がいっぱいあるのですが、
ぜひ見せたかったのが織田信長の安土城跡。

もし現存していたら国宝まちがいなしのこの城跡は
石垣だけが残る廃墟ですが安土桃山時代の空気を体感するには絶好の場所です。

子どももも基礎石だけ残った天守閣跡を見渡して案外小さいなとか
言っておりました。

さて、おっそろしく長い前振りでしたが本題はここから。

安土城天守閣跡に登ったのが昼すぎ。
持参した三脚を立てて家族写真を撮って帰りました。

出来上がってきた写真を見て「ん?」と違和感。

落ち武者が一緒に写っていたわけではありませんよ。

若い頃の父が写っているのかなと二度見するくらいムッチリと
肥えた私が写っておりました。

時刻は昼すぎ、太陽は真上。
光線は上から当てると下に影ができ凹凸がより強調されます
(奥様方写真を撮る際はお気をつけあそばせ)。

イヤヤな~。えらい肥えてきてるやんか。

たしかに最近ワイシャツとかを着ても
「こんなにピチピチやったっけ?」と思うことがないわけでは
ありませんでしたので、ここで改めて知らされたわけであります。

これはダイエットせねばなりません。
かといって走ったり歩いたりするのは避けたいところ。

以前、夕食後の散歩を始めて「寒いから」という理由で、
二日しか続かず、嫁様に「二日坊主やな」と大笑いされた前歴を持つ私。

仕事は粘り強いですが私生活ではダメなのですよ。

そこは知恵と工夫で乗り切らねばということで、考えついたのが
「食生活を改めよう」。う~む、なんと心地良い響き。

いろいろ調べてみると、どうやら玄米食が良いらしい。
食物繊維が豊富なためデトックス(体内の老廃物を排出させる)効果がある
とのことで、体内にいろんなもの(ストレスとか)を溜め込んでいる私としては
そういう言葉に弱く、まんまと釣られて始めてみることにしました。

亭主関白なのか嫁様依存が強いのか、単にアホなのか
お米の炊き方も知らない私は当然お米の種類もわかりません。

嫁様にさんざんバカにされながら、
食料品売り場について来てもらうことにしました。

「あぁこれこれ、これでいいやん」と私。
店の人と嫁様が一緒に「精米は?」と聞いてきたので、

私は「は?」。

精米したら普通の米になってまうやん。

店の人曰く「いきなり玄米100%はキツいですよ」とのこと。

九分(九割削る)七分、五分というように
精製でお米の付属物を削り落とすことで、

普段我々が食べているお米になるため削り方を普段のお米から
近づけていってはどうですかという店の人の気づかいでした。

家で食べる玄米の美味いこと!
調子に乗ってお代わりする日が続き、
鏡を見るとさらにムッチリしていましたとさ。

これらをまとめますと、「歩けよ!」というお話。









ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/
[PR]
# by amagasakimotor | 2015-10-30 17:47 | ぽてやん通信

マンガも好きなぽてやんの愛読書遍歴1510

「MASTERキートン」
               勝鹿北星 作・浦沢直樹 画


最近あまりマンガを読まなくなりました。

面白いマンガがありましたら私に教えて下さいね。

さて、私が学生の頃ハマった作品をご紹介いたします。

映画にもなった「20世紀少年」や「YAWARA」で
有名な浦沢直樹さんが作画し脚本は勝鹿さんという作品。

主人公の平賀=キートン・太一は、父日本人、母英国人。
オックスフォード大学の出身。考古学講師、フリーの保険調査員。
元SAS(英国特殊空挺部隊)教官と、
物腰の柔らかい外見からは想像のつかない強さを秘めています。

彼が依頼を受ける保険事故の調査から意外な事件に発展したり、
また複雑な犯罪を解決に導きます。

舞台は世界各地。ギリシア、イタリア、タクラマカン砂漠、日本。
第一巻だけでも舞台がこれだけ変わります。

独立した短編のゆるやかな連合体形式を採っているので
どの話からでも読むことができます。

現在20年ぶりに「Re・MASTER」という名で続編が出版
されていますが、脚本の勝鹿さんが亡くなられているため、
画は同じでも中身の奥行きや余韻が雲泥の差です。

私は正編のみをおすすめします。古本屋で百円で売っていますよ


 









ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/
[PR]
# by amagasakimotor | 2015-10-30 17:35 | 愛読書遍歴

ぽてやん通信1508

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1508



* * * *


今月号の題名や内容そのものが
お得意さまだけに
お教えする秘密情報だったので、
ブログでは公開しておりません。
最近秘密づいてるなぁ~。

お知りになりたい方は、
尼モのお客様になってくださいね~。  

* * * *










ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/








c0127726_21244769.jpg
[PR]
# by amagasakimotor | 2015-08-24 21:37 | ぽてやん通信

歴史ロマン?ミステリー好きなぽてやんの愛読書遍歴1508

「ナポレオン発掘記」

                フェリックス・コクロー著



皆さん、ナポレオンって今どこで眠ってはるかご存知ですか。

たしか流されたセントヘレナっていう島(南大西洋)とちゃうのんと
思われている方が多いかと思うのですが、実は亡くなってから
二十年ほどのちにパリに戻って来てはります。

この本は、1840年に当時の国王ルイ・フィリップの命令で
ナポレオンの祖国移葬艦隊(当時はもちろん船です)の艦付司祭さん
(当時三十二才)がこの一部始終を書き残したものです。

珍本の部類に入るかと思うのですが私が大学の頃
なにか興味に惹かれて入手しました。

この手記のヤマはやはり確認のため鉛で密封されてあった三重の棺を
開けたところでしょう。

二十年を経ても、まるで眠るがごとくだったとあります。

再度密封されて、セーヌ川近くのアンヴァリッド(廃兵院)に安置されました。

私も新婚旅行で訪れました(新婚で行くところかどうかはさておいて)。
当時は傷病兵士の病院兼リハビリ施設だった建物を改装して
教会兼軍事博物館になっています。

大ドームの中央に安置された大理石の棺は超巨大!
この中で世界史上の超有名人が眠ってるんだなと感慨深かった記憶があります。

 










ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら

http://www.amagasakimotor.com/












c0127726_21203818.jpg
[PR]
# by amagasakimotor | 2015-08-24 21:31 | 愛読書遍歴

ぽてやん通信1506

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1506 

父の日に思うぽてやんの処世術



* * * *

  
今月は父の日がありますね。
みなさまのお父さんはどんな方ですか?
おっかない親父、がんこですか?友達みたいなお父さんですか?
(最近はそういうお父さん増えましたね)。

私の父は(古くからのお客様はみなさまご存知のとおり、
最近お客様になって頂いた方はよくわからないかもしれませんが)、
どこのご家庭でもそうかと思いますがやっぱりね、
内と外とはちがうわけですよ。

特に私たちは、家庭も仕事も同じ顔を会わせるわけですから
より一層その差が出るわけです。

今月号はそんな父子対立で悩むあなたに
私が実践している方法をお知らせいたします。

さぁ汎用性があるかな。
時間を私が尼モーターに入った頃に
戻しましょう。

仕事モードの時の父はかなり恐く、
しかも関西でいうところのイラチ。
しかもね、仕事全般をよく見てるし、
よく聴いてるわけですよ。要所要所をよー見とります。
でも当たり前ですわね。当時社長やねんから。
 
長いお付き合いをして下さっているお客様は
ご存知だと思いますが、
私自身の仕事の仕方は緻密にレンガを
積み上げていくようなスタイル。
自分で言うのもなんですが、良く言えば丁寧で確実。
悪く言えばのっぺりと遅いわけです。
仕事に美を求めてますからね(笑)。

そんなのをイラチの父が許すはずがございません。
四方八方に気を配り緻密に仕上げていく私に対し
「あれはどうなった?」と突然、
痛い所を訊いてくるわけですよ。
数秒内にうまく説明しないと、もう眉間にシワが寄ってる(笑)。

最初の頃はまだ良いんですよ。
私自身が右も左もわからないんですから。
ある程度仕事の段取りがわかるようになって
仕事の優先順位がわかる頃になると
一つの葛藤が出ることになります。

私(当時専務)の思っている優先順位と
父の考える順番とが違ってくるのです。
その頃にはお客様の都合が最優先という
自分の軸が出来てましたから、
引取納車、見積、車検や保険の連絡と
自分で段取りした優先順位に基いて
毎日動くのですが、
これがことごとく父の優先したい順番と合わない。

で、私に言った指示・依頼が即実行されないと
途端に(明らかにですよ)不機嫌になる。
いやいやいや私も仕事の優先順位があるっちゅーねん。
私も正しいと思ってやってますから、これは悩みましたね。

この頃は夜中、無意識に歯ぎしりしてたみたいで
歯がよく欠けてましたよ。
その頃に読んでハッと思ったのが
司馬遼太郎の『新太閤記』の中の一節
「主人のためが一番」。ピカッときましたね。

父が会社の最高責任者(主人)なんだから、
自分がどう思おうと
父の言うことを最優先にしようと。
思いっきり割り切りました。

それからどんなに忙しくても、
いま仕掛りの仕事があっても、
父が何か言ってきたら、
それらの仕事を全部止めて、
父の依頼を最優先で
することにしました。

ちょっと演出も加味してね。
書きかけのペンとか書類とかを、こうザザーッと
横にどけるんですね。
「聞きますよ」という意思表示。
最優先感が出るでしょ? 

そしたらね、何も言わなくなりました(笑)。

私が社長になった今では、
私の方針を尊重してくれておりまして、
父はほぼ何も言いません
(尼モーターの基本方針は変えてませんからね)。

これって応用が効く気がしますね。
父と子というよりも、お仕事で先輩とか、直接の上司とか、
社長さんの依頼を最優先でしてあげれば良いんです。

そうしたら上司は「あぁ、Aは俺の指示に即応してくれる
気持ちのいい部下だなぁ」と評価の上がることマチガイなし! 

自分の段取りよりも上司の段取りを優先した結果が失敗だったとしても、
最優先でやってくれた部下に文句は言いにくいですもんね。
責任は上司になすりつければ良いんです。

ただ、私の隣でヨコザワ君(当社営業部長=デカイの)が、
私の言った指示を「ちょ、ちょっと待って下さいね」と、
いつも自分の仕事を片付けるまで私を待たせており、
そのことに眉間にシワを寄せてる私がいることに
彼は気づいているのだろうか?

親子じゃないからわからんか。

これらをまとめますと「歴史は繰り返す」
(クルティウス・ルフス、古代ローマの歴史家)



今月号も内容の一部がお得意さまだけに
お教えする秘密情報だったので、
ブログでは公開しておりません。
実はこれ、ショートバージョンなのですよ。

お知りになりたい方は、
尼モのお客様になってくださいね~。  

* * * *










ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/








c0127726_21244769.jpg
[PR]
# by amagasakimotor | 2015-06-19 20:02 | ぽてやん通信

ぽてやん通信1505

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1505



* * * *


今月号の題名や内容そのものが
お得意さまだけに
お教えするおトク情報だったので、
ブログでは公開しておりません。
秘匿なのですよ。
お知りになりたい方は、
尼モのお客様になってくださいね~。  

* * * *










ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/








c0127726_21244769.jpg
[PR]
# by amagasakimotor | 2015-05-12 15:13 | ぽてやん通信

笑いには持論があるぽてやんの愛読書遍歴1505

「西方冗土 カンサイ帝国の栄光と衰退」

                    中島らも著



小学6年でした。土曜の夕方にテレビを見ておりますと、
子どもの私ですら「屈折してるなぁ」と思うほどシュールで難解な
コントなのか何なのかわからない『なげやり倶楽部』という番組がありました。

若き日のダウンタウンも出ていたらしいです。
その中で、サングラス姿のえらいのっそりした喋り方をする人が
ヒネリの効いた面白いことを言うなぁという記憶が残っています。
中島らもでした。

彼は深夜番組にもよく出演してましたね。10年ほど前に亡くなられましたが、
関西サブカルチャーを体現していたような人でした。

彼は著作が多く、古い作品は古本屋でほぼ100円で見つけられます。
この本もそんな1冊で東大阪の「イカ焼き」屋のメニューに
「シングル180円、ダブル300円、サブル450円」と書いてあった話や

「いくら食べようが呑もうが3000円。但し一杯呑んだだけでも3000円」と
豪語したおばちゃんの飲み屋に、
調子がいいと二升は軽いというような酒豪の友人2人と昼メシを抜いて、
日も暮れぬうちから駆けつけ、店の食物が無くなるまで呑み食いした話など
「アホ話」のオンパレード。

疲れたときに読むと頭が癒されます。

 






ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら

http://www.amagasakimotor.com/












c0127726_21203818.jpg
[PR]
# by amagasakimotor | 2015-05-12 15:09 | 愛読書遍歴

ぽてやん通信1502

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1502



* * * *


今月号の題名や内容そのものが
お得意さまだけに
お教えするおトク情報だったので、
ブログでは公開しておりません。
お知りになりたい方は、
尼モのお客様になってくださいね~。  

* * * *










ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/








c0127726_21244769.jpg
[PR]
# by amagasakimotor | 2015-02-24 21:26 | ぽてやん通信

サイン本もけっこう好きなぽてやんの愛読書遍歴1502

「光圀伝」
         冲方丁 著



「助さんも聞きなさい。格さんも聞きなさい。」でおなじみの
水戸黄門が徳川光圀という実在の人物であることは多くの方が
ご存知かと思いますが、彼がどんな人生を歩んだのかは
あまり知られていないのではないでしょうか。

お兄さんがいてはるのですが、どういうわけか
水戸藩の半分規模の高松藩の藩主に出され、
光圀は本家の後継にされます。

このことが幼い光圀に強烈な影響を残し
「なぜ兄じゃなく俺なんだ」という後ろめたさをひきずり苦悩します。

江戸時代ですから余計キツイですよね。
まぁ父親もちょっと変わった人なんですが。

結局光圀は藩主相続の際に兄の息子2人を自分の養子にして後継者にします。
兄は兄で弟の息子を養子に迎えて高松藩の後継にします。
藩をバーターしたのです。知ってましたか。

また彼は妻を若くして亡くし、年下の友人や有能な部下など
次々に亡くしています。

「カッカッカッ」と悪人を懲らしめて笑う白髪の彼は
漫遊伝説から生まれた別人です。

実在した彼の葛藤を活き活きと描きだした著者の腕に感服しました。
うれしかったのはネットで偶然見つけた本書(古本)に
冲方丁さんのサインがあったこと。

思わぬ収穫でした♪

 






ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら

http://www.amagasakimotor.com/












c0127726_21203818.jpg
[PR]
# by amagasakimotor | 2015-02-24 21:21 | 愛読書遍歴

ていねいに誠実に80年 尼崎一番の老舗修理工場

ていねいな説明とこころを込めた整備を通して、
尼崎モーターは最高の安心をお客様に提供します。


c0127726_21574476.gif


代表取締役社長 河野篤史( こうの あつし )

昭和48年12月10日生まれ。生まれも育ちも尼崎。生粋の尼っ子。
子供の頃は会社の事務所が遊び場。
当時を知るお客様からは今でも「あっちゃん」と呼ばれかわいがられる。

尼崎北高校では生徒会会長として最大のイベント北高祭で過去最高来校者数を記録。
関西大学法学部卒業。大学時代は大量の本を読んでは売りに行く日々。おかげで腰痛持ちに。

明治38年に大阪で当初3台輸入された蒸気バス第1号車の運転手兼整備士となった曽祖父が
はじめた自動車修理業を源流とする尼崎モーターの4代目社長に就任。社歴は80年を超える。

「あなたの大切な家族を乗せるおクルマを45分ではなく平均3日かけて、
ていねいに車検整備する修理屋」として、ドライで効率優先が幅を利かす世の中に挑戦中。

キメ細かな性格と膨大な事故対応の経験から導き出された
お客様ひとりひとりのライフスタイルに合わせたムダのない自動車保険の提案には定評あり。



おいたち


阪神尼崎駅南側の産院にて生まれました。
現在その場所は中央図書館の敷地になっています。
幼稚園は難波愛の園。尼崎北小、塚口中、尼崎北高と、ずっと尼です。

子どもの頃から喘息でしたので、走ったり、体を動かしたりする、運動全般が苦手でした。
そのため、本を読んだり、絵を描いたり、紙工作や紙粘土などの美術系は得意になりました。
いまでもバリバリのインドア派です。


c0127726_2134738.jpg


 

祖父との思い出

大阪ではじめての蒸気バス第1号車の運転手をしていた機械好きな曾祖父が
外国車や草創期バイクの修繕をはじめたのが弊社の源流です。

祖父が継いで尼崎モーターを法人化しました。
私が小さい頃は、この写真のように、よく遊んでもらいました。
陸運局への登録に、クーラーの付いていないワーゲンで一緒に乗せて行ってもらったことを
覚えています。祖父は亡くなる直前まで、会社のことを気にかけていました。
最近、車に乗っていると祖父のことをよく思い浮かべます。
空から見てくれているような気がします。頑張ろうと思います。



c0127726_2141473.jpg




高校時代の思い出

学生時代で最もインパクトのある思い出は、尼崎北高の生徒会長をさせてもらったことです。
前述のように、元々体力に自身のなかったこともありまして、運動部に所属するようなことは
一切考えたこともなく、もっぱら「帰宅部」中心の小中高時代を過ごしました。
高校に入ってたくさんの個性的な友人と出会うことで、自分の内面が変化していったように思います。 

「なにか面白いことをしたい」と何気なく思ったのが、生徒会長になろうと思った動機でした。
目立ちたがり屋だったわけではありませんが、ビックイベントであった文化祭を、
自分ならもっと効率的に効果的に運営できるのになぁと、頭で思い描いておりまして、
有能で強い個性を持った友人たちさえ引っ張り込めば必ず面白いことができそうだなと
確信して友人も巻き込んだ上で集団立候補しました。確信犯です。

私の読みどおり、得意分野を担当してもらった友人たちは
各自、野戦司令官の如く「指示など待たず」、思う存分突っ走ってくれて、
私はほんの調整をしただけでしたが、その年の文化祭は大成功をおさめることができました。
ほんとうに楽しかった。いまでも良い思い出です。


大学時代


 楽しいこともあれば、やはりその反動というものも来ます。高校時代が充実していたためか、
燃え尽きてしまったのか、関大のときは、人も何も面白くなかったですね。
本ばっかり読んでいました。研究分野の政治史以外にも、
「人間の最大多数の最大幸福」を実現するには(あ~はずかしい!)なんて、
ベンサムやミルなどにも手を出したりと、今考えると視野が極端に狭く、
頭だけで割り切れるような机上の理想論にはまっていたのでしょうね。
思い出しても恥ずかしい。結局、このまま続けていても大したことにはならないなと思い、働くことにしました。

c0127726_2145437.jpg



社会人となってから


書くことが多すぎて、まとめきれません!(笑)

ただ、尼崎モーターに入りたてのころにお客様に言われた言葉はいまでも忘れません。
なんか、しょーもないヘマをして言い訳した私に

「僕は君に(仕事を)頼んだんとちゃうで、
尼崎モーターに頼んだんやで。それを忘れたらアカンで」

歴代の社員さんや先祖が脈々と培って続けてきてくれた「信頼」に
泥を塗ることのないよう、この言葉を胸に日々努めております。





http://www.amagasakimotor.com/

Mail:info@amagasakimotor.com/
[PR]
# by amagasakimotor | 2015-02-21 21:56 | 社長プロフィール

ぽてやん通信1501

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1501

年初からつかしんについて
    けっこう熱く語ってみる



新年あけますと早いものですね。
あっというまに1月も終わってしまいそうです。

ネタになりそうな強烈なお話を年末に仕入れたのですが、
なかなかうまく書けず手こずっておりますので、
今月は我が家がよく行く「つかしん」のお話を。

 つかしんといいますのは尼崎の方はご存知かと思いますが
尼崎北部にあったグンゼのパンツ工場を潰して、西武百貨店が
鳴り物入りで建設したショッピングセンターです。

 名付け親はあの糸井重里。「うれしい。たのしい。つかしん」とかいう
キャッチコピーが当初あったような。今年で30周年ですって。

 バブルの前ということもあって当時イケイケの西武は
斜めに登るガラス張りのエレベーターを備えた豪華な本館を建てまして
「おしゃれ」なお店がいっぱい入った時代の最先端を行くデパートだったと
子供ごころに記憶しております。

 まぁ泡ハジケ後は、どこも同じでしょうがドンドン店舗が歯抜けに
なって行き、伊丹のダイヤモンドシティが出来た頃が底辺だったので
はないでしょうか。

「行っても何も無い」レベルで荒廃感が漂っておりました。
もう閉鎖かなと思ってた矢先、スーパーの平和堂が出店すると同時に
大規模なリニューアルを行ってからは往時の勢いを取り戻しました。

おそらく復活の鍵は「食べ物」と「子連れ」にあるんじゃないかなと思いますね。

安価な飲食店がとても多いことと小さい子供がいてはる家族が移動
しやすいように工夫がされてますね。

 今回つかしんのことを書きたかったのは読書コーナーとも連動してる
のですがつかしんも後述のUSJも「リノベーション
(既存の在る物を新しく生まれ変わらせるように手を加えて改造や改築すること)」で
成功したケースなんです。

 リノベーション成功の秘訣は「変化や経費は改築なんだけど、
いかにそれを新築だと思ってもらえるか」だそうです。

「まったく生まれ変わりましたよ」というのをいかにうまく演出できるかがポイントでしょうね。

 まぁ難しい話は、このへんで置いといて「つかしん」に興味が沸いたあなたの
ためにあまり待たずに駐車場に入る方法をご紹介いたしますぞ。

自宅から目をつむったままでつかしんの駐車場まで行けるんじゃないかと
思われるほどつかしんに行っている自称「つかしにゃー(?)」が
自信をもっておすすめいたします。

進入経路は主に3つ。

つかしんより南にお住まいの方はそのまま「産業道路(13号線)」を北上
すれば良いのですが入口Aと入口Bがあります。

これは、AよりもBの方が待たずに入れます。

次に以北(伊丹、川西、豊中など)の方の進入路はそのまま産業道路を南下して
入口Cとなりますがこれはダメです。おっそろしく待たされます。

この場合は新幹線の高架下「南町4」の交差点を右折し、キューピーの工場を
眺めつつ次の信号を左折。つかしんの周囲を舐めるようにシュッと走り
グルっと回ってやはり入口Bから進入するのが正解です。

地図上では遠回りに見えますが、
あなたは対岸のC待ちで渋滞してる車列を優越感に浸りながら眺めつつ
Bからスムーズに入れることでしょう。

 これらをまとめますと「つかしにゃー」ってなんやねんというお話。










c0127726_20342397.jpg


















ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら

http://www.amagasakimotor.com/
[PR]
# by amagasakimotor | 2015-01-20 20:37 | ぽてやん通信

ぷちビジネス書も好きなぽてやんの愛読書遍歴1501

「USJのジェットコースターは
   なぜ後ろ向きに走ったのか?」
              森岡毅著
 

 大阪市第三セクターのゆるゆる経営で一度破綻したUSJ
ユニバーサルスタジオジャパンに招かれたマーケティングの専門家
である著者が、集客を見込めるハリーポッターの超巨大施設が完成するまでの
3年間に既存設備を活用し金を使わず集客の拡大に挑んだ記録です。

 結果V字回復しましたが、実際の舞台裏は、集客でつまづくと命取りに
なるほどの綱渡り的資金繰りだったようですね。

 この人がすごいのは、ハロウィンのテコ入れ(パーク全体をゾンビだらけ=
バイト代のみ・設備投資無し)、低年齢の子供がいる家族層の取込み
(子供向けエリアを集中)、後ろ向きジェットコースター(イス付替えただけ)、スパイダーマンライド4K3D化(既存設備の小改築)、
体験型バイオハザード(空いてた倉庫活用)と

ほぼお金をかけず(本当に無いので実際使えなかったのが真実)
矢継ぎ早に実現化して開業当時の集客数に戻したことです。

既存設備や商品を改造して再活用(リノベ)や最小限の投資で最大限の効果を出す
なんてメッチャ楽しいやんって思った次第です。

経営者目線ではUSJよりこの著者のおっさん見てた方が面白そうです。













c0127726_2022469.jpg


















ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/
[PR]
# by amagasakimotor | 2015-01-20 20:26 | 愛読書遍歴


平素は、格別のお引き立てを賜りまして誠にありがとうございます。

下記の通り、年末年始休業のご案内をさせていただきます。



◎尼崎モーター

年末年始休業:12月28日(日)〜 1月4日(日)

※年始は1月5日(月)より営業致します。 

ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。

新しい年も、ご愛顧賜りますよう何卒お願い申し上げます。



尼崎モーター ご予約 お問い合わせ

TEL:06-6482-1141

あいおいニッセイ同和損保 ロードサービス

TEL:0120-024-024

SJNK損保 ロードサービス

TEL:0120-365-110

皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。
[PR]
# by amagasakimotor | 2014-12-31 18:27 | 社長ブログ

ぽてやん通信1411

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1411

読書の秋ならぬ読書の冬
          山周って知ってますか?


 いや~早いですねぇ。もう11月も終わりですよ。
なんか年々時の過ぎるのが早くなっているような気がいたしますね。

私が特に時間の経過を感じるのは、
新車や中古車をお買い頂いてから初の車検を迎えられたときですね。

商談のときや、納車のときっていうのは私は全神経を張り巡らせているため
記憶力も鋭敏になるらしく、ほとんどのお客様と何を話したかとか、
どんな説明をしたとかその日どんな日だったかなどを
昨日のことのように鮮明に記憶しておりますので、

えっ!
あのときからもう3年も経ってるの?ってな具合に
ビックリすることがあります。

ただ私のこの映像記憶能力は、偏りがあるようで、
昨日食べた晩ご飯とかは全く覚えておりません。

 さて、読書の秋。といっても、もう初冬ですが。
今月号は、私がこの1年で最もハマった作家さんをご紹介する
読書特集をお送りしたいと思います。

山本周五郎。
没後50年近く経ちますので若い方はご存知ないかもしれませんね。

この方は直木賞を史上唯一辞退した作家でかなりのへそ曲がりです。

山本周五郎作品の中で、私が面白いなと感じた作品を何点か
ご紹介いたしますね。

現代ものも書いておられますが、時代物、いわゆるマゲ物が多い作家さんです。

橋の下

 どんな理由かはわかりませんが友人と決闘することになった主人公の青年。
緊張するあまり指定の場所に早く着き過ぎてしまいます。

朝まで待つにしても、冬の早暁の河原はまだ真っ暗。
寒さで心身とも凍えた彼は橋の下に灯る焚き火の光に
誘われて近づいて行きます。

そこに居たのは今でいうホームレスの老夫婦。
焚き火に当らせて欲しいという主人公の服装と状況から、
決闘を察した老人は、自らの過去を青年に話し始めます。

 話の節々で老人が入れてくれる温かい白湯を飲む主人公の青年の
心と体が温まってくるのが読者にも伝わってきます。

真っ暗な冬の夜から日が明けていくにつれて青白く移り変わっていく
風景描写と青年の心理状態の変化が絶妙で実に巧い。

短編でこの技巧には舌を巻きました。お話はハッピーエンドなので
気分が落ち込んでいるときに読むと元気になりますぞ。

よじょう

 3人同時に彼女を作ってそれぞれからお金を貸してもらい、
A子から貰った物はB子に贈り、B子から貰った物はC子に、
C子から貰った物はA子に贈るというもぅダメダメな主人公。

ABC子全員をダマしてたことも当然にバレて、3人からも借金できなくなり、
ヤケで飲んだくれているところに、
熊本藩料理役人の父が何を思ったのか藩の剣術顧問に就いていた
あの宮本武蔵(ただし、もうお爺さん)に切ってかかり、
当然のごとく返り討ちにあって亡くなったという知らせが入ります。

すべてに嫌気が差してホームレスになった主人公は、
たまたま住処にした橋の下が宮本武蔵の登城道に面していたことから、
本人にはそんな気はさらさらないのに周囲の人が勝手に類推して

「父親の敵討ちをするために敢えてそういう姿になって
宮本武蔵の隙を窺っているのであろう。いやぁ感心感心。
これはわずかですが何かのお役に立てて下さい」と

食べ物からお金まで、いままで彼が求めても手に入らなかった物が
本人が望んでもないのにたくさん集まってしまいます。

噂を聞きつけた宮本武蔵も彼の住処の近くまでくると
毎回、単独で歩き出してかかって来いとばかりにポーズを取る始末。

引っ込みつかないなぁと思っていた矢先に宮本武蔵が老衰で亡くなります。

さぁ主人公のとった行動とは?
ひらがなで書かれた題名「よじょう」の意味とは?

読後感は爽快です。

~今回は「読書遍歴」と連動してますよ~








ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/












c0127726_20572373.jpg
[PR]
# by amagasakimotor | 2014-11-20 20:59 | ぽてやん通信

時代小説好きなぽてやんの愛読書遍歴1411

「日日平安」
    山本周五郎著


 黒澤明監督の「椿三十郎」の原作ですので、
本作を読んだことがなくても内容をご存知の方は多いかも知れませんね。

 食い詰めた浪人の主人公が、たまたま通りがかったある藩の主導権
争いに乞われる形で(彼自身が演出したのですが)介入していき、
双方を上手く焚きつけることで自然に有利な状況を作っていくという作品。

黒澤作品の前作の「用心棒」のテーマとして、
当時の米ソ冷戦時代を揶揄していたということをどこかで読んだ記憶がありますが、
原作の山本周五郎その人にもそういう含意はあったかもしれませんね。

ただ、原作を読みますと、映画での主演した三船敏郎の重厚でおっかない
オッサンのイメージとは程遠く、軽くて飄々とした兄ちゃんみたいな
主人公像だったのには驚きました。

読みながらイメージしていたのは大泉洋(水曜どうでしょうで有名)
一度、織田裕二で再演されましたが今度はぜひ三谷幸喜脚本で
大泉洋主演で再演してくれないかなぁ。これはコメディですもん。

 今月号をまとめますと、読書特集号の方が楽かなぁなんて
気軽に思ってたら普段より手間でしんどかったというお話。







ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/







c0127726_20442980.jpg
[PR]
# by amagasakimotor | 2014-11-20 20:44 | 愛読書遍歴

ぽてやん通信1410

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1410


* * * *


今月号の題名や内容そのものが
お得意さまだけに
お教えするおトク情報だったので、
ブログでは公開しておりません。
お知りになりたい方は、
尼モのお客様になってくださいね~。  


* * * *












ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/










c0127726_20563392.jpg

[PR]
# by amagasakimotor | 2014-10-21 20:58 | ぽてやん通信

病院小説も好きなぽてやんの愛読書遍歴1410

「白い巨塔 全5巻」
        山崎豊子著 


10年も経つんですね。
唐沢寿明主演でドラマ化されたのは。

その前の田宮二郎版が
印象に残っておられる方もいらっしゃるかも知れません。

唐沢版はほぼ原作に忠実で、
前半は主人公が白い巨塔(大学病院)の主(教授)になるまでの
強烈な派閥闘争、後半は頂点に立った主人公が栄華の極みで起こした
医療事故の揉み消し工作と裁判闘争の話です。

吹田に移る前に大阪の中之島にあった阪大病院がモデルだそうですし、

これも移転する前の旧県立尼崎病院(現在の尼崎中央図書館の場所に
私が幼稚園の頃まであり、古くて大きく不気味な印象が記憶にある)も
ちょっと出てきたりするので、物語に感情移入しやすいのではないでしょうか。

とくに秀逸なのは、前半の教授選挙での票読み。

主人公の上司が、主人公のスター性と横柄な性格を嫌って
後継推薦をしないばかりか対抗馬を立ててきたりとトコトン嫌がらせをしてきます。

まぁ元はといえば主人公の態度が招いたことなんですが、
こういう話はどこででもありますね。私もこういう話は大~好き♪ 性格悪いなぁ。

ドラマでは上司役を石坂浩二が演じてました。
これがまた上手い。読むのが面倒な方はドラマもお薦めです。







ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/








c0127726_20473347.jpg

[PR]
# by amagasakimotor | 2014-10-21 20:49 | 愛読書遍歴

ぽてやん通信1409

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1409

インド人もびっくり?人生初のカレー作り



その日の我が家の夕食はカレーでありました。
いつも夕食を作ってくれております嫁様には申し訳ないのですが、
その日のカレーはこれまた残念な、とても残念なカレーでございました。

表現は慎重を期しますが、残念とだけ申しておきましょう。
小5の長男までブーたれる始末でありました。

当然ながら遺憾の意を表明する我々に対しまして、
嫁様は「ソンナニゴフマンナラアナタガオツクリニナレバ
ヨロシイヂャゴザイマセンコト」との意をもっと砕けた言葉で発言されたのでございます。

ふむふむ面白い。ひとつ私が理想のカレーってものを
食べさせてあげようぢゃないかということになりました。

ここで皆さまに告白せねばならないことがございます。
私はまったく料理をしたことがございません。というかできません。
洗濯機の動かし方すら知りません。

片付けや掃除は私の担当なんですけどね。
このままではもしもの場合は生命の危機も感じないではありませんので、
嫁様に感謝しつつ料理もできなきゃなと思った次第です。

さてさてどうなりますか。

ルールとして嫁様は何も教えてくれませんので、
手探りで理想のカレー作り開始です。

すべて国産にこだわりブロック状牛肉300グラム。北海道産の人参1本。
ジャガイモ5個。淡路産玉葱2個。カレーの粉であります。

以下変人の調理が続きますが人生初ですのでご容赦下さいね。

私は人参と特に玉葱が原型を留めているのが嫌なので、
人参をすべてすり下ろします。玉葱はまず輪切りにしてから細切れに切りましたが
猛烈な催涙ガスが発生し涙出まくりのため作業中断。
換気扇を回して再開。

嫁版は火が通ってないようなジャガイモなので対策として輪切りにしてみました。

熱したフライパンに細切れ玉葱と輪切りジャガイモを投入。
キツネ色になるまで炒めてから鍋に移しました。

続いて牛肉とパックに入ってた葉っぱも香りつけだろうと思い一緒に炒めます。
赤ワイン少々振りかけるとなんとも良い香り♪~俺は料理のセンスがあるんじゃないかなんて
思いつつ鍋に移します。

次にすり下ろし人参も生臭さを取るため炒めてから鍋へ。
水は750mLとありましたが計量カップが180のしかないので4杯入れて720。

後30は野菜の水分が出てピッタリだとプロ並みの計算をして煮込むこと20分。
野菜がドロドロに溶けて良い感じ。ここで火を止め粉を投入。う~むカレーの良い香り。
さらに弱火で10分煮込んで一晩寝かします。おぉプロっぽい。

次の晩、冷蔵庫から取り出しますと。

ぬ!ジャガイモの量が多すぎたのか軽く膨張。

鍋の中が一個のデカいカレーのルーと化しております。
なんとか嫁の見てない間に熱湯を若干投入しますと、おっ♪元通り。試食タイムでございます。

さてさて星いくつでしょうか~?

嫁様☆★★星1つ。

長男★★★星ゼロ。

イスから転げ落ちました。

でんぷん恐るべし。たしかに口の中でモサモサしてましたね。
あと秘密ですが肉を切るのを忘れてたので肉大き過ぎました。

これらをまとめますと、日々短時間で料理を作っている嫁様に感謝でございます。

追記、葉っぱの行方は誰も知らない。












ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/



c0127726_2014502.jpg

[PR]
# by amagasakimotor | 2014-09-04 20:15 | ぽてやん通信

ミステリー小説好きなぽてやんの愛読書遍歴1409

「ミレニアム 1 ドラゴン・タトゥーの女」
    スティーグ・ラーソン著
 


とても残念なのは作者が50才の若さで急死していること。

彼が残したのはミレニアム3部作全6冊のみ!もったいない。

本作は既に映画化されたので聞き覚えのある方がいらっしゃるかもしれません。

現007ダニエル・クレイグ主演で監督はあの「セブン」のデヴィッド・フィンチャー。
本作を読んでから映画を観ましたがほぼ忠実なので映画をご覧になるのも良いかもしれません。

フィンチャーは色彩を抑えた透明感ある落ち着いた映像が素晴らしいです。
本作舞台のスウェーデンの寒々しい空気を見事に再現しているのには感動しますが
大人向けなので小さなお子様と観るものではございません。

同じく最近フィンチャー作品でハマっているのが「ハウスオブカード」。
こちらは政治の権謀術数なのですが、落ち着いた映像と脚本が良い。

面白いのは「ミレニアム」と役者がカブってること。
「ミレ~」の助演女優と「ハウス~」の新聞記者を演じてる子が実姉妹とか。

とにかく映像が美しい。
私もカメラの設定を変えてフィンチャー風にして撮っているくらいです。

こちらも大人向けでございます。








ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/





c0127726_19575224.jpg

[PR]
# by amagasakimotor | 2014-09-04 20:00 | 愛読書遍歴

ぽてやん通信1408

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1408

いや~クルマの中ってホントに暑くなるもんですね



「出かける猫に行き先聞けば旅行が好きでまたたびだ。」 歌丸です。


てな具合に夏の行楽シーズン突入で皆さまクルマで
家族や恋人と各地にお出かけなされることと思います。

観光地に行きまして駐車場に停めていたクルマに戻りいざ乗り込むと
車内が地獄の釜のように強烈に熱くなっておりますね。

さてそこで今月号は暑っつい車内を素早く冷やす方法についてシンケンに考えてみたいと思います。

まず思いますのは、そもそも炎天下に置くから暑くなるのであって、
屋内駐車場だったり建物や樹木の陰に置き直射日光から避けるだけでも
だいぶんちがいますわね。

えっ?そんな都合よく陰のある駐車場があるかいなって?そりゃそうですわね。
まぁあるに越したことはないので、日陰を見つけたら他人より早くシュッと停めて下さいませ。

で、停める際ですけど効果バツグンなのがサンシェード。
ご存知ですか?フロントガラスの内側に立てかける銀色のあのカサカサいうやつですわ。
安いのは百円くらいで売っていますよ(その代わりペラっペラですけど)。
これがあなどるなかれ、有ると無いとじゃ全然ちがいます。

トランクに積んでいてもいちいち出してきて立てかけるのが面倒臭いから
せんでもいいやって思ってる方多いと思いますが(僕もそうやったりして)、
あとの涼しくなるスピードがちがいますね。前側だけじゃなくて後ろ側にもして
おくとさらにいいですね。

あとはですね車内にこもった熱気をどう出すかなんですけど、
暑くても風のある日はすべてのドア(ワゴン車はリヤゲートも)開けとくだけで
勝手に押し出してくれますが、

風がまったくないとき(炎天下の昼間とかは不思議とそういう時が多いような気がする)
は助手席側の後部ドアひとつだけを開けといて運転席ドアを数回開け閉めすると
熱気が車外に出ていきますぞ。対角線上のドアでやるのがコツですね。

それからエアコンですが、
車内が暑っつっつの状態で乗り込んでいきなり「強」で回しますと、
エアコン内に溜まった熱風が顔面を直撃して余計に暑いので、
乗り込むのはちょっとひと段落おいてからがいいですよね。

エアコンも外気導入にしておいて、室内よりもまだマシな外気を取り込み、
涼しくなってきたら効率の良い内気循環に切り替えるのがベターな選択です。



* * * *


今月号のこれ以降の内容は
お得意さまだけにお教えするおトク情報だったので、
ブログでは公開しておりません。
お知りになりたい方は、尼モのお客様になってくださいね~。 
 


* * * *











ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/
c0127726_152878.jpg

[PR]
# by amagasakimotor | 2014-08-02 15:18 | ぽてやん通信

ミステリー小説好きなぽてやんの愛読書遍歴1408

「そして誰もいなくなった」
       アガサ・クリスティー著


暑い夏なので読んでいて涼しくなる良質ミステリーを一つご紹介。

本作は洋モノ推理小説の中で最高傑作に
推す人も多いのではないでしょうか。

本好きの母の影響もあり小さい頃から周りにはいろんな本がありまして、
その中に多数あったのがクリスティー作品。

TVドラマにもなった名探偵ポアロとミス・マープルの両シリーズが
有名で良作が多いです。

本作に彼らは登場せず完全な独立作品なのですが
読んでる最中と読後感が強烈です。

学生の頃に電車で読んでおりまして、
つい没頭してしまい駅を乗り過ごしたほどでした。

絶海の孤島に呼び出された10人。
職業も年齢もまちまちで共通項も無い。

マザー・グースの童謡「10人のインディアン」の歌詞に似た状況で
次々に消されていく人たち。ホントに最後の最期まで犯人がわかりません。
 
それほど長編でもない薄い本でこのような良質のミステリーがあるなんてと
当時感激した記憶があります。

私がおすすめしている本は古い作品が多く、
ほとんどが古本屋で百円程で入手できますので読んでない方はぜひどうぞ。
ワンコインでこんなステキな時間(作品)が味わえるなんて幸せです。





ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/


c0127726_14565585.jpg

[PR]
# by amagasakimotor | 2014-08-02 14:58 | 愛読書遍歴

ぽてやん通信1407

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1407

機関車が放置?尼崎探訪ぷちツアー



薄曇りの土曜日。尼崎歴史探訪ぷちツアーに
午前中の仕事サボって(ないしょ。ふふふ)参加してきました。

3年前から始まった関大の校友会尼崎支部の行事でして
大先輩方とテクテク歩くわけでございます。

集合場所がJR尼崎付近のため、当社からそこまで歩いて行かんとならんわけです。

土地勘ない方にはわかりづらいかもしれませんが、
結構な距離があるわけであります(私にはね)。
到着時点ですでに汗が。

普段クルマで通っている見慣れた街ですが、
クルマが入らない道の奥の路地を歩いたりしましたのでとても新鮮でした。

明治期の神仏分離により道を隔ててお寺と分けられた神社
(言われるまで気づきませんでした)や、

菅原道真公が太宰府左遷のおり長洲(ナガス=地名・当時は海っぺり)で
舟まちの際に足を洗ったとされる「菅公足洗之池」を見ました。

ちなみに長洲と掛けて何回流す(左遷)っちゅうねん!という
怒りまじりのツッコミが入った歌を読まれたそうです。

菅公の故事からもわかるように古代では河口が多く港の役割をしてたのでしょうし
江戸期には運河も整備され醤油なども製造されていたそうです
(醤油屋跡も残っています)。

時代が進むと伊丹の三菱と直結する鉄道も敷かれ工都の役割を担っていったのでしょうな。
その名残りでしょうか運河が埋め立てられた公園の片隅に、これも廃線となった線路と
ともにナント機関車D51が鎮座しておるのです!

この機関車、私の子供の頃は乗り放題だったのに今ではフェンスに囲まれて寂しそう。
たぶん悪さしたガキがおったんでしょうな。さすがアマ。

機関車が何台残存してるかは知りませんがこれってすごい産業遺産だと思いませんか?

この機関車は交通量の多い国道2号線沿いにあるんですが、
惜しむらくは、大通りにお尻の方を向けて設置されているのと、
周りの樹木が覆うように繁っててほとんど見えないこと。

見せ方を工夫するだけで観光アイテムに化けると思うねんけどなぁ~。

さて、機関車のある公園のすぐ近くに「残念さんの墓」といわれる山本文之助のお墓があります。

幕末に起きた武力衝突事件「蛤御門の変」で敗北した長州藩の足軽だった彼は
逃げる際に尼崎藩に捕縛され、牢舎の中で「残念だ」と連呼して自決したそうです。

地域の人々が彼を哀れに思いこの地に葬り、
いつしか「残念さん」と親しみを込めて手をあわせるようになったそうなんですが
不思議なのはここからで、無名であった彼がなんと「願かけの神様」になり
多くの人々に信仰され、ものすごい参詣者が来るようになったとのこと。

幕府への不満や長州贔屓などの影響があったにせよ。
彼が一番ビックリしてるんじゃないでしょうかね。

まぁまさか織田信長も400年のちにゲームでポケモンと対戦させられるとは
夢にも思ってなかったでしょうしね。

アマの奥深さを感じたステキなぷちツアーでした。

これらをまとめますと、歩き疲れたので、
その日の午後はとてもねむかったというお話。






ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/




c0127726_20335867.jpg

[PR]
# by amagasakimotor | 2014-07-16 20:36 | ぽてやん通信

ちょんまげ小説好きなぽてやんの愛読書遍歴1407

「剣客商売 全16巻 」
       池波正太郎著


ある日の午後であった。

みたいな始まり方をする池波作品は一行目から作品世界に
スッと引き込む工夫がしてあります。

本作と鬼平犯科帳、藤枝梅安は彼の三大シリーズで、
どの本屋にも置いてあるベストセラーです。

全シリーズ読んで私が感じたのは主人公が異なるだけで基本パターンはほぼ同じ。
一話完結の短編の連作であり、各短編が前後の短編とゆるやかにつながっている
(のでどこからでも安心して楽しめる)。
時系列で移り行く季節に応じた旨い旬の料理が出てくること。
主人公と周りの主要人物は固定で、外部からの人物が物語の起爆剤になることなど。

普段私たちが家庭や仕事で過ごしている「日常」と
突然巻き起こる事件とかの「非日常」との対比が実に小気味よく書かれています。

疲れて帰ってきた日、気分の悪い出来事があった日など、
心が弱っているときに読むと効きます。

短編が昼休みや就寝前とかで読み切れる尺なのがスバラシイ。

私の拙文で興味持たれた方は古本で100円からありますのでどうぞ。

本作の主人公は小柄な剣術使いのお爺さん。
これがメチャクチャ強い!
ダンディで粋な理想の男の世界があります。こんな爺ぃになりたいなぁ。




ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/



c0127726_20224041.jpg

[PR]
# by amagasakimotor | 2014-07-16 20:24 | 愛読書遍歴

ぽてやん通信1406

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1406

一粒3千キロメートル?えんじんキャラメル


義父から貰った焼酎一升。

普段全く焼酎を飲まない私がこれをどう飲むか。

つらつら考えておりますと、
嫁様の「コーラか何かで割ったらチューハイになるんちゃうの」
との一言で早速コーラで割って飲んでみたところ
焼酎がコーラに勝っててクセ強過ぎ!

クサいクサいと言いつつ飲んでると慣れてきた。

てなことをフェイスブックに書いてると
「チューハイってウォッカと割るんちゃうの」というツッコミが。

さぁて今月の「ぽてやん通信」は、クサいつながりということで。



幼少のみぎり、尼モーターの奥に祖父母の家がありまして、
(ご存知の方は尼モ歴25年以上!)
幼稚園から帰りますとそこへ寄って晩まで過ごすわけであります。

会社の裏手には駄菓子屋があり、お腹がすくと買いに行ったり、
これまた近所にあった商店街に祖母の買物へ便乗して
和菓子を買って貰ったり、いまはほぼ絶滅してしまいましたが
七輪で餅を焼いてもらい砂糖醤油で食べたりという
懐かしの昭和時代でありました。

今でもそうですが3時のおやつを食べないと損した気分になるので、
当時の私も祖母におやつをねだっておりました。

その日はキャラメルを作ろうという話になり、
祖母が鍋に牛乳と砂糖を入れて煮つめていくので
焦げないようにかき混ぜるのを私も手伝うことになりました。

鍋を見ていると次第に牛乳が沸騰し鍋の周囲に泡が無数に沸いて
甘い香りがし始めました。

掻き回し続けていると白色の牛乳も徐々にきつね色に変わってきました。
蒸発して粘りがついてネチョネチョしてきたなぁと思っていると
瞬く間に黒く焦げだし始めました。

祖母も見てくれていたはずですが何か用事で少し目を離したのかもしれません。
結局鍋を焦がしてしまいました。

台所に拡がった甘~く焦げクサい白い煙と
タール状のキャラメルがこびりついた鍋が印象深く記憶に残っております。

何十年のち、この仕事をやるようになってから
印象的な黒コゲ鍋とダブるものを何回も目撃するようになりました。

オイル交換せずに痛んでしまったエンジンです。

甘い臭いはしませんがクサい臭いやネチネチの内部機構など
そっくりです。

エンジンが焼けると車はエンジンを移植するか
車ごと乗換えるしかないですから大変な出費となります。

自動車はその名のとおり燃料さえ入れれば「自」ら「動」く「車」である
と思っておられる方は多いのではないでしょうか。

自動車はたくさんの部品から成る機械の集合体です。
故障なく働き続ける永久機関ではありません。

TVやパソコン、冷蔵庫よりも酷使されるものですから消耗は必ずあります。
修理屋なので、いろんな車を見てきましたが、事故による大破とかは除いて、
車ごと乗換の可能性が高まる巨額修理の上位3つって

私の中では①エンジン②ミッション③エアコンなんですよね。

エアコンは全く使わないよりも常時エアコンを回している方が
故障は少ないかなと思いますが積極的に故障を予防する
手立てってあまりないんですね。

それに比べてミッションやエンジンのトラブルを防止する
積極的な方法はあります。

定期的なオイル交換です。

特に高温になるエンジンは潤滑油としてのオイルの役目が超重要。
長期間オイル交換しないまま走り続けるとどうなるかというと、
鍋を焦がしてしまうわけですよ。

3千キロごとの交換が理想的。
5千キロまでには交換されることをおすすめします。
今回はえらい真面目やなぁ。

これらをまとめますと
キャラメルを食べただけで3千キロも走るのは、
いくら瀬古選手でもムリだろうというお話。

c0127726_1624564.jpg



ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場

尼崎モーターのホームページはこちらhttp://www.amagasakimotor.com/
[PR]
# by amagasakimotor | 2014-06-10 16:53 | ぽてやん通信

歴史小説好きなぽてやんの愛読書遍歴1406

「関ヶ原 上・中・下 」
司馬遼太郎著


人の内面描写がスバラシイ群像劇。
ときどき読み返しています。

各大名家は豊臣秀吉死後、豊臣家の顔色を伺いつつも、
圧倒的二番手の位置にいた徳川家康に
あの手この手で擦り寄ります。

こういうのをニガニガしく見てたのが真面目ちゃんの石田三成。
潔癖すぎて何事も正義か否かで判断し、妥協を認めない。

しかも喋り方がかなりエラそうだったらしく
同僚からも嫌われる。

私も学生の頃は硬派な潔癖ちゃんだったので
三成に自分をダブらせて読んでました。

家康対三成の陰謀戦も面白いのですが、
個性的な大名の挿話がイイです。

司馬作品名物「余談だが」ですぐ脇道にそれてしまうのですが、
週刊誌の芸能欄を読むような興味をひく話が次から次へと
出てきますので文庫で三巻ありますが長くは感じません。

この15年後の大坂冬の陣と夏の陣を描いた「城塞」
(これも全三巻)がありますが、
これは本作に比べて登場キャラが小物なのと、
豊臣家をいびりまくる家康の陰湿さが倍増しているので
読後感がイマイチです。

東大坂に司馬先生の自宅を改装した記念館があります。
ここで書いてたんやと書斎を見て感動しました。
司馬好きの方はシバ漬け食べて行って下さい。



ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場

尼崎モーターのホームページはこちらhttp://www.amagasakimotor.com/



c0127726_1546928.jpg

[PR]
# by amagasakimotor | 2014-06-10 15:48 | 愛読書遍歴

ぽてやん通信1405

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1405


ねんぴについてシンケンに考えてみる

 ねんぴ、ねんぴ、ねんぴ。ひらがなで書いてみるとかわいらしく見えますが、
漢字で書くと燃費。いもけんぴの親戚ではありません。
ちなみにけんぴって漢字では堅干だそうです。ひとつかしこくなった気がしますねぇ。
まあ一生のうちで堅干と書く機会が何度訪れるかは知りませんが。

 さてさて、車屋やっておりますとよく聞かれますのが「燃費どれくらい?」。
私の顔見るなり「燃費は?」って、知らんっちゅーねん。
私が全車種の燃費を記憶してるとでも思ってるのでしょうか。

 こんな話で必ずといって出てくる燃費の優等生プリウスは
ガソリン1リットルで30キロ以上走りよるわけです。
これはスゴイわね。瀬古選手(古っ)に水1リットル飲ませて
30キロ走ってくれっていっても走ってくれませんぜ、たぶん。

 燃料タンクが45リットル入るとして掛算すると1350キロ走れるということですよ。
尼崎からだと、えーっと、、、まぁ、結構遠くまでですわ、、、。

 ただこれはあくまでもカタログ上の数値なので、実際に走った時とは
大幅に異なるのがほとんど。プリウスで20キロ前後ってとこかな。
だからカタログから2割3割引いたぐらいで見てねってお話するんですが
もうちょっとメーカーさんはその辺なんとかならんもんですかねえ。

 ここからが本題。じゃあハイブリッド乗ってへん人はどうよって話ですが、
一緒に考えていきましょう。

 まずハイブリッドのマネをして信号まちごとにエンジンを切るのはどうでしょう。
これで今日からあなたの車もアイドリングストップ車!

 ただ問題は面倒臭いのと、まわりの車から変な目で見られるってこと。
まあ(不審車だと思われて)車間距離あけてくれたりするかもしれないのでVIP気分を
味わえるかもしれませんがね。

 う~む、パチもんアイストップが面倒臭いとなると、次は~
そうタイヤですよ!タイヤがどこまでも転がれば車は進むんですから、
空気をパンパンに入れて走ればいいんでないの。えっ?爆発する?
誰が爆発するまで空気入れろっちゅーた!でもこれはイイですよ燃費良くなるかも。

 あとは軽量化!重いより軽い方がいいでしょう。
知ってました?最近の新車って皆が燃費燃費うるさいからメーカーが
スペアタイヤ最初から付けないで売ってるんですよ。

 パンクしたらどーすんねんって話ですが、パンク修理のショボいキットが付いてるだけ。
こんなんシロウトさんが自力でできませんぜ。なので、最近の流れは自動車保険に
付いている無料のロードサービスを利用するのが安全且つおトク。もしもの場合は
私に電話ください。すべて段取りいたします。

 軽量化もイスを外してって極端なことでなくて、
トランクに入れっぱなしのわけのわからん荷物や
仕事してはる人は全然使わん道具とかを下ろすのが良いかも。

 あと賢い人は燃料を満タンにしないんですって。だって燃料にも重さがあるわけでしょ。
満タンと半分とでやったら重さはやっぱり違いますわな。

 あとは、アクセルペダルの踏み方も大きいでしょうね。
私は職業柄とあと性格もあるでしょうけどもゆる~く踏んで走っています。
アクセルをブリっと踏み込むなんてもってのほか。枯れた運転を心がけておりますぞ。
運転中によくあおられるのは気のせいでしょうかね。

 社長になってから余計にまろやか運転するようになりました。
だって代車は10台以上あるので燃料代だけでもバカにならんわけです。
なので一緒に引取に行ってるときとかに、横沢くんがブリブリっとアクセル踏んでるのを見ると
ムカツクわけでございます。

 これらをまとめますと
瀬古選手にもらった水を1リットル飲んで、いもけんぴを食べるとべんぴが良くなるというお話。

c0127726_1652675.jpg



ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/
[PR]
# by amagasakimotor | 2014-05-10 16:08 | ぽてやん通信

マイナー好きぽてやんの愛読書遍歴1405

「ジョゼフ・フーシェ」
シュテファン・ツワイク著


古い本なので、学生の頃たしか100円で買いました。
岩波文庫の字めっちゃ小さい本なんですけど面白いですよ。

フーシェってのはフランス革命から王政復古の辺りまで激動
の時代を泳ぎきったおっさんです。

ルイ16世やナポレオンは有名ですが、フーシェは知る人ぞ知るの
マイナーキャラ。やせて小さく青白い爬虫類みたいな人。

船乗りの家に生まれるが向いてないのでお坊さんに、続いて学校の先生に、
革命の上昇気流に乗ってあれよという間に議員になります。

ここからがこのおっさんの本領発揮!
ときの権力者にふぅーっと近づいて権勢のおこぼれを頂戴しつつ、
その権力者が落ち目になるかならないかのギリギリでしれっと裏切り、
また新しい権力者に重宝される存在になり、
その人がまたコケそうになるとってな具合いに見事に裏切りを繰り返します。

本人はどういう気持ちでやってたかは知りませんが、
ツワイクにかかると巧妙な喜劇を見ているようでした。
ナポレオンが激怒しまくるのがこれまた面白い。

まぁこんな人ですから
「王女さまと末永く幸せに暮らしましたとさ」的な
ハッピーエンドで終わる訳はなく相応の報いを受けるオチとなります。

ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/
[PR]
# by amagasakimotor | 2014-05-10 14:00 | 愛読書遍歴

平素は、格別のお引き立てを賜りまして誠にありがとうございます。

下記の通り、年末年始休業のご案内をさせていただきます。



尼崎モーター

年末年始休業:平成25年12月28日(土)〜 平成26年1月5日(日)

※年始は平成26年1月6日(月)より営業致します。 

ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。


新しい年も、ご愛顧賜りますよう何卒お願い申し上げます。



尼崎モーター ご予約 お問い合わせ

TEL:06-6482-1141

あいおいニッセイ同和損保 事故故障ロードサービス

TEL:0120-204-024

日本興亜損保 事故故障ロードサービス

TEL:0120-040-546
[PR]
# by amagasakimotor | 2013-12-31 10:22 | 社長ブログ

皆さまこんにちは、尼崎モーター四代目社長の河野篤史です。

ほとんど全面的にFBに移行してしまいましたのでブログをふと見たら

ハロウィーンで止まっておりましたので久々に。

弊社では、お得意さまを対象に

毎年恒例となりました「スタッドレスタイヤ祭り」を開催しております。

まぁ、特別価格でなんていうのは、今やどこでもやってることですのであたりまえですが、

外した夏タイヤを冬の期間中無料にて弊社で保管なんてのは、なかなかどこでもやってないと思います。

これはもともと、あるお客様が「替えたタイヤをガレージに保管してたら場所とってジャマやねん、

尼モさんで預かってくれへん?」と言われたことがきっかけでスタートしました。

ビニールかけてても屋外やったらタイヤ痛みますしね。

弊社だったら屋根つきで雨風は避けられるし、おまけにセキュリティもあるから安全ですしね。

というわけでお客様の声からはじまったサービスも

いまや数百本!!

もちろん、春がくれば次の冬まで無料にてスタッドレスをお預かりしております。

尼モの常連さんには、こんなサービスもご提供しておりまする。

代車のある故障修理専門店 尼崎モーターのホームページはこちらから
http://www.amagasakimotor.com/
[PR]
# by amagasakimotor | 2013-12-08 20:51 | 社長ブログ


先週からの風邪が長引き、回復率6割というところ。
元々呼吸器系が弱いので息苦しくってイヤです。

週末は休養に充ててたのですが、
金爆のミスドのハロウィンキャンペーンCMを見て、
どうしても食べたくなり買ってきました!

ハロウィンの特別感が好きでこの時期になると
うちの子供より私(おっさん)の方がなんだかワクワクしてしまい
小物とかお菓子を買い集めてしまいます。

病み中のドーナツはやっぱり胸焼けがしました。


修理と車検の専門店 尼崎モーターの全面改装HPはこちらから
http://www.amagasakimotor.com/
[PR]
# by amagasakimotor | 2013-10-06 22:40 | 社長ブログ