病院小説も好きなぽてやんの愛読書遍歴1410

病院小説も好きなぽてやんの愛読書遍歴1410

「白い巨塔 全5巻」
        山崎豊子著 


10年も経つんですね。
唐沢寿明主演でドラマ化されたのは。

その前の田宮二郎版が
印象に残っておられる方もいらっしゃるかも知れません。

唐沢版はほぼ原作に忠実で、
前半は主人公が白い巨塔(大学病院)の主(教授)になるまでの
強烈な派閥闘争、後半は頂点に立った主人公が栄華の極みで起こした
医療事故の揉み消し工作と裁判闘争の話です。

吹田に移る前に大阪の中之島にあった阪大病院がモデルだそうですし、

これも移転する前の旧県立尼崎病院(現在の尼崎中央図書館の場所に
私が幼稚園の頃まであり、古くて大きく不気味な印象が記憶にある)も
ちょっと出てきたりするので、物語に感情移入しやすいのではないでしょうか。

とくに秀逸なのは、前半の教授選挙での票読み。

主人公の上司が、主人公のスター性と横柄な性格を嫌って
後継推薦をしないばかりか対抗馬を立ててきたりとトコトン嫌がらせをしてきます。

まぁ元はといえば主人公の態度が招いたことなんですが、
こういう話はどこででもありますね。私もこういう話は大~好き♪ 性格悪いなぁ。

ドラマでは上司役を石坂浩二が演じてました。
これがまた上手い。読むのが面倒な方はドラマもお薦めです。







ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/








c0127726_20473347.jpg

[PR]
by amagasakimotor | 2014-10-21 20:49 | 愛読書遍歴