ぽてやん通信1510

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1510 

天高くおっさん肥える食欲の秋



子どもが急に「城好き」始めたので、それではということで、
家族でお城めぐりをすることにいたしました。

幸いなことに関西圏には有名どころのお城が多いので、
まずは大阪城へ。

皆さまご存知のとおり秀吉の築いた大「坂」城は焼失し、
いまの大阪城は昭和の鉄筋製ですが、堀や石垣などの城塞としては
迫力満点ですのでぜひ見せたかったのです。

ものすごい数の外国人観光客であふれておりましたよ。

次は、平成の大改修が完了した姫路城へ。
「平時の城」といいますか安定した江戸期に完成した城のため殺伐感はなく
デラックスな印象がいたしますね。

高速道路も混んでいるし嫌な予感はしていたのですが
到着すると入口まで長蛇というより大蛇の列。

朝の時点で入場までなんと三時間待ちとのことでやむなく断念。

隣接する手作り感満載の市営動物園からお城を眺めるだけになりました。
子供の入場料が三十円という粋なことをやるこの動物園兼遊園地は
アラレちゃんの乗物も現存する昭和テイストが漂っています。
おすすめです。

ほかにも子どもに見せたい良い城がいっぱいあるのですが、
ぜひ見せたかったのが織田信長の安土城跡。

もし現存していたら国宝まちがいなしのこの城跡は
石垣だけが残る廃墟ですが安土桃山時代の空気を体感するには絶好の場所です。

子どももも基礎石だけ残った天守閣跡を見渡して案外小さいなとか
言っておりました。

さて、おっそろしく長い前振りでしたが本題はここから。

安土城天守閣跡に登ったのが昼すぎ。
持参した三脚を立てて家族写真を撮って帰りました。

出来上がってきた写真を見て「ん?」と違和感。

落ち武者が一緒に写っていたわけではありませんよ。

若い頃の父が写っているのかなと二度見するくらいムッチリと
肥えた私が写っておりました。

時刻は昼すぎ、太陽は真上。
光線は上から当てると下に影ができ凹凸がより強調されます
(奥様方写真を撮る際はお気をつけあそばせ)。

イヤヤな~。えらい肥えてきてるやんか。

たしかに最近ワイシャツとかを着ても
「こんなにピチピチやったっけ?」と思うことがないわけでは
ありませんでしたので、ここで改めて知らされたわけであります。

これはダイエットせねばなりません。
かといって走ったり歩いたりするのは避けたいところ。

以前、夕食後の散歩を始めて「寒いから」という理由で、
二日しか続かず、嫁様に「二日坊主やな」と大笑いされた前歴を持つ私。

仕事は粘り強いですが私生活ではダメなのですよ。

そこは知恵と工夫で乗り切らねばということで、考えついたのが
「食生活を改めよう」。う~む、なんと心地良い響き。

いろいろ調べてみると、どうやら玄米食が良いらしい。
食物繊維が豊富なためデトックス(体内の老廃物を排出させる)効果がある
とのことで、体内にいろんなもの(ストレスとか)を溜め込んでいる私としては
そういう言葉に弱く、まんまと釣られて始めてみることにしました。

亭主関白なのか嫁様依存が強いのか、単にアホなのか
お米の炊き方も知らない私は当然お米の種類もわかりません。

嫁様にさんざんバカにされながら、
食料品売り場について来てもらうことにしました。

「あぁこれこれ、これでいいやん」と私。
店の人と嫁様が一緒に「精米は?」と聞いてきたので、

私は「は?」。

精米したら普通の米になってまうやん。

店の人曰く「いきなり玄米100%はキツいですよ」とのこと。

九分(九割削る)七分、五分というように
精製でお米の付属物を削り落とすことで、

普段我々が食べているお米になるため削り方を普段のお米から
近づけていってはどうですかという店の人の気づかいでした。

家で食べる玄米の美味いこと!
調子に乗ってお代わりする日が続き、
鏡を見るとさらにムッチリしていましたとさ。

これらをまとめますと、「歩けよ!」というお話。









ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/
[PR]
by amagasakimotor | 2015-10-30 17:47 | ぽてやん通信