ぽてやん通信1510

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1510 

天高くおっさん肥える食欲の秋



子どもが急に「城好き」始めたので、それではということで、
家族でお城めぐりをすることにいたしました。

幸いなことに関西圏には有名どころのお城が多いので、
まずは大阪城へ。

皆さまご存知のとおり秀吉の築いた大「坂」城は焼失し、
いまの大阪城は昭和の鉄筋製ですが、堀や石垣などの城塞としては
迫力満点ですのでぜひ見せたかったのです。

ものすごい数の外国人観光客であふれておりましたよ。

次は、平成の大改修が完了した姫路城へ。
「平時の城」といいますか安定した江戸期に完成した城のため殺伐感はなく
デラックスな印象がいたしますね。

高速道路も混んでいるし嫌な予感はしていたのですが
到着すると入口まで長蛇というより大蛇の列。

朝の時点で入場までなんと三時間待ちとのことでやむなく断念。

隣接する手作り感満載の市営動物園からお城を眺めるだけになりました。
子供の入場料が三十円という粋なことをやるこの動物園兼遊園地は
アラレちゃんの乗物も現存する昭和テイストが漂っています。
おすすめです。

ほかにも子どもに見せたい良い城がいっぱいあるのですが、
ぜひ見せたかったのが織田信長の安土城跡。

もし現存していたら国宝まちがいなしのこの城跡は
石垣だけが残る廃墟ですが安土桃山時代の空気を体感するには絶好の場所です。

子どももも基礎石だけ残った天守閣跡を見渡して案外小さいなとか
言っておりました。

さて、おっそろしく長い前振りでしたが本題はここから。

安土城天守閣跡に登ったのが昼すぎ。
持参した三脚を立てて家族写真を撮って帰りました。

出来上がってきた写真を見て「ん?」と違和感。

落ち武者が一緒に写っていたわけではありませんよ。

若い頃の父が写っているのかなと二度見するくらいムッチリと
肥えた私が写っておりました。

時刻は昼すぎ、太陽は真上。
光線は上から当てると下に影ができ凹凸がより強調されます
(奥様方写真を撮る際はお気をつけあそばせ)。

イヤヤな~。えらい肥えてきてるやんか。

たしかに最近ワイシャツとかを着ても
「こんなにピチピチやったっけ?」と思うことがないわけでは
ありませんでしたので、ここで改めて知らされたわけであります。

これはダイエットせねばなりません。
かといって走ったり歩いたりするのは避けたいところ。

以前、夕食後の散歩を始めて「寒いから」という理由で、
二日しか続かず、嫁様に「二日坊主やな」と大笑いされた前歴を持つ私。

仕事は粘り強いですが私生活ではダメなのですよ。

そこは知恵と工夫で乗り切らねばということで、考えついたのが
「食生活を改めよう」。う~む、なんと心地良い響き。

いろいろ調べてみると、どうやら玄米食が良いらしい。
食物繊維が豊富なためデトックス(体内の老廃物を排出させる)効果がある
とのことで、体内にいろんなもの(ストレスとか)を溜め込んでいる私としては
そういう言葉に弱く、まんまと釣られて始めてみることにしました。

亭主関白なのか嫁様依存が強いのか、単にアホなのか
お米の炊き方も知らない私は当然お米の種類もわかりません。

嫁様にさんざんバカにされながら、
食料品売り場について来てもらうことにしました。

「あぁこれこれ、これでいいやん」と私。
店の人と嫁様が一緒に「精米は?」と聞いてきたので、

私は「は?」。

精米したら普通の米になってまうやん。

店の人曰く「いきなり玄米100%はキツいですよ」とのこと。

九分(九割削る)七分、五分というように
精製でお米の付属物を削り落とすことで、

普段我々が食べているお米になるため削り方を普段のお米から
近づけていってはどうですかという店の人の気づかいでした。

家で食べる玄米の美味いこと!
調子に乗ってお代わりする日が続き、
鏡を見るとさらにムッチリしていましたとさ。

これらをまとめますと、「歩けよ!」というお話。









ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/
[PR]
by amagasakimotor | 2015-10-30 17:47 | ぽてやん通信

ぽてやん通信1508

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1508



* * * *


今月号の題名や内容そのものが
お得意さまだけに
お教えする秘密情報だったので、
ブログでは公開しておりません。
最近秘密づいてるなぁ~。

お知りになりたい方は、
尼モのお客様になってくださいね~。  

* * * *










ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/








c0127726_21244769.jpg
[PR]
by amagasakimotor | 2015-08-24 21:37 | ぽてやん通信

ぽてやん通信1506

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1506 

父の日に思うぽてやんの処世術



* * * *

  
今月は父の日がありますね。
みなさまのお父さんはどんな方ですか?
おっかない親父、がんこですか?友達みたいなお父さんですか?
(最近はそういうお父さん増えましたね)。

私の父は(古くからのお客様はみなさまご存知のとおり、
最近お客様になって頂いた方はよくわからないかもしれませんが)、
どこのご家庭でもそうかと思いますがやっぱりね、
内と外とはちがうわけですよ。

特に私たちは、家庭も仕事も同じ顔を会わせるわけですから
より一層その差が出るわけです。

今月号はそんな父子対立で悩むあなたに
私が実践している方法をお知らせいたします。

さぁ汎用性があるかな。
時間を私が尼モーターに入った頃に
戻しましょう。

仕事モードの時の父はかなり恐く、
しかも関西でいうところのイラチ。
しかもね、仕事全般をよく見てるし、
よく聴いてるわけですよ。要所要所をよー見とります。
でも当たり前ですわね。当時社長やねんから。
 
長いお付き合いをして下さっているお客様は
ご存知だと思いますが、
私自身の仕事の仕方は緻密にレンガを
積み上げていくようなスタイル。
自分で言うのもなんですが、良く言えば丁寧で確実。
悪く言えばのっぺりと遅いわけです。
仕事に美を求めてますからね(笑)。

そんなのをイラチの父が許すはずがございません。
四方八方に気を配り緻密に仕上げていく私に対し
「あれはどうなった?」と突然、
痛い所を訊いてくるわけですよ。
数秒内にうまく説明しないと、もう眉間にシワが寄ってる(笑)。

最初の頃はまだ良いんですよ。
私自身が右も左もわからないんですから。
ある程度仕事の段取りがわかるようになって
仕事の優先順位がわかる頃になると
一つの葛藤が出ることになります。

私(当時専務)の思っている優先順位と
父の考える順番とが違ってくるのです。
その頃にはお客様の都合が最優先という
自分の軸が出来てましたから、
引取納車、見積、車検や保険の連絡と
自分で段取りした優先順位に基いて
毎日動くのですが、
これがことごとく父の優先したい順番と合わない。

で、私に言った指示・依頼が即実行されないと
途端に(明らかにですよ)不機嫌になる。
いやいやいや私も仕事の優先順位があるっちゅーねん。
私も正しいと思ってやってますから、これは悩みましたね。

この頃は夜中、無意識に歯ぎしりしてたみたいで
歯がよく欠けてましたよ。
その頃に読んでハッと思ったのが
司馬遼太郎の『新太閤記』の中の一節
「主人のためが一番」。ピカッときましたね。

父が会社の最高責任者(主人)なんだから、
自分がどう思おうと
父の言うことを最優先にしようと。
思いっきり割り切りました。

それからどんなに忙しくても、
いま仕掛りの仕事があっても、
父が何か言ってきたら、
それらの仕事を全部止めて、
父の依頼を最優先で
することにしました。

ちょっと演出も加味してね。
書きかけのペンとか書類とかを、こうザザーッと
横にどけるんですね。
「聞きますよ」という意思表示。
最優先感が出るでしょ? 

そしたらね、何も言わなくなりました(笑)。

私が社長になった今では、
私の方針を尊重してくれておりまして、
父はほぼ何も言いません
(尼モーターの基本方針は変えてませんからね)。

これって応用が効く気がしますね。
父と子というよりも、お仕事で先輩とか、直接の上司とか、
社長さんの依頼を最優先でしてあげれば良いんです。

そうしたら上司は「あぁ、Aは俺の指示に即応してくれる
気持ちのいい部下だなぁ」と評価の上がることマチガイなし! 

自分の段取りよりも上司の段取りを優先した結果が失敗だったとしても、
最優先でやってくれた部下に文句は言いにくいですもんね。
責任は上司になすりつければ良いんです。

ただ、私の隣でヨコザワ君(当社営業部長=デカイの)が、
私の言った指示を「ちょ、ちょっと待って下さいね」と、
いつも自分の仕事を片付けるまで私を待たせており、
そのことに眉間にシワを寄せてる私がいることに
彼は気づいているのだろうか?

親子じゃないからわからんか。

これらをまとめますと「歴史は繰り返す」
(クルティウス・ルフス、古代ローマの歴史家)



今月号も内容の一部がお得意さまだけに
お教えする秘密情報だったので、
ブログでは公開しておりません。
実はこれ、ショートバージョンなのですよ。

お知りになりたい方は、
尼モのお客様になってくださいね~。  

* * * *










ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/








c0127726_21244769.jpg
[PR]
by amagasakimotor | 2015-06-19 20:02 | ぽてやん通信

ぽてやん通信1505

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1505



* * * *


今月号の題名や内容そのものが
お得意さまだけに
お教えするおトク情報だったので、
ブログでは公開しておりません。
秘匿なのですよ。
お知りになりたい方は、
尼モのお客様になってくださいね~。  

* * * *










ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/








c0127726_21244769.jpg
[PR]
by amagasakimotor | 2015-05-12 15:13 | ぽてやん通信

ぽてやん通信1502

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1502



* * * *


今月号の題名や内容そのものが
お得意さまだけに
お教えするおトク情報だったので、
ブログでは公開しておりません。
お知りになりたい方は、
尼モのお客様になってくださいね~。  

* * * *










ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/








c0127726_21244769.jpg
[PR]
by amagasakimotor | 2015-02-24 21:26 | ぽてやん通信

ぽてやん通信1501

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1501

年初からつかしんについて
    けっこう熱く語ってみる



新年あけますと早いものですね。
あっというまに1月も終わってしまいそうです。

ネタになりそうな強烈なお話を年末に仕入れたのですが、
なかなかうまく書けず手こずっておりますので、
今月は我が家がよく行く「つかしん」のお話を。

 つかしんといいますのは尼崎の方はご存知かと思いますが
尼崎北部にあったグンゼのパンツ工場を潰して、西武百貨店が
鳴り物入りで建設したショッピングセンターです。

 名付け親はあの糸井重里。「うれしい。たのしい。つかしん」とかいう
キャッチコピーが当初あったような。今年で30周年ですって。

 バブルの前ということもあって当時イケイケの西武は
斜めに登るガラス張りのエレベーターを備えた豪華な本館を建てまして
「おしゃれ」なお店がいっぱい入った時代の最先端を行くデパートだったと
子供ごころに記憶しております。

 まぁ泡ハジケ後は、どこも同じでしょうがドンドン店舗が歯抜けに
なって行き、伊丹のダイヤモンドシティが出来た頃が底辺だったので
はないでしょうか。

「行っても何も無い」レベルで荒廃感が漂っておりました。
もう閉鎖かなと思ってた矢先、スーパーの平和堂が出店すると同時に
大規模なリニューアルを行ってからは往時の勢いを取り戻しました。

おそらく復活の鍵は「食べ物」と「子連れ」にあるんじゃないかなと思いますね。

安価な飲食店がとても多いことと小さい子供がいてはる家族が移動
しやすいように工夫がされてますね。

 今回つかしんのことを書きたかったのは読書コーナーとも連動してる
のですがつかしんも後述のUSJも「リノベーション
(既存の在る物を新しく生まれ変わらせるように手を加えて改造や改築すること)」で
成功したケースなんです。

 リノベーション成功の秘訣は「変化や経費は改築なんだけど、
いかにそれを新築だと思ってもらえるか」だそうです。

「まったく生まれ変わりましたよ」というのをいかにうまく演出できるかがポイントでしょうね。

 まぁ難しい話は、このへんで置いといて「つかしん」に興味が沸いたあなたの
ためにあまり待たずに駐車場に入る方法をご紹介いたしますぞ。

自宅から目をつむったままでつかしんの駐車場まで行けるんじゃないかと
思われるほどつかしんに行っている自称「つかしにゃー(?)」が
自信をもっておすすめいたします。

進入経路は主に3つ。

つかしんより南にお住まいの方はそのまま「産業道路(13号線)」を北上
すれば良いのですが入口Aと入口Bがあります。

これは、AよりもBの方が待たずに入れます。

次に以北(伊丹、川西、豊中など)の方の進入路はそのまま産業道路を南下して
入口Cとなりますがこれはダメです。おっそろしく待たされます。

この場合は新幹線の高架下「南町4」の交差点を右折し、キューピーの工場を
眺めつつ次の信号を左折。つかしんの周囲を舐めるようにシュッと走り
グルっと回ってやはり入口Bから進入するのが正解です。

地図上では遠回りに見えますが、
あなたは対岸のC待ちで渋滞してる車列を優越感に浸りながら眺めつつ
Bからスムーズに入れることでしょう。

 これらをまとめますと「つかしにゃー」ってなんやねんというお話。










c0127726_20342397.jpg


















ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら

http://www.amagasakimotor.com/
[PR]
by amagasakimotor | 2015-01-20 20:37 | ぽてやん通信

ぽてやん通信1411

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1411

読書の秋ならぬ読書の冬
          山周って知ってますか?


 いや~早いですねぇ。もう11月も終わりですよ。
なんか年々時の過ぎるのが早くなっているような気がいたしますね。

私が特に時間の経過を感じるのは、
新車や中古車をお買い頂いてから初の車検を迎えられたときですね。

商談のときや、納車のときっていうのは私は全神経を張り巡らせているため
記憶力も鋭敏になるらしく、ほとんどのお客様と何を話したかとか、
どんな説明をしたとかその日どんな日だったかなどを
昨日のことのように鮮明に記憶しておりますので、

えっ!
あのときからもう3年も経ってるの?ってな具合に
ビックリすることがあります。

ただ私のこの映像記憶能力は、偏りがあるようで、
昨日食べた晩ご飯とかは全く覚えておりません。

 さて、読書の秋。といっても、もう初冬ですが。
今月号は、私がこの1年で最もハマった作家さんをご紹介する
読書特集をお送りしたいと思います。

山本周五郎。
没後50年近く経ちますので若い方はご存知ないかもしれませんね。

この方は直木賞を史上唯一辞退した作家でかなりのへそ曲がりです。

山本周五郎作品の中で、私が面白いなと感じた作品を何点か
ご紹介いたしますね。

現代ものも書いておられますが、時代物、いわゆるマゲ物が多い作家さんです。

橋の下

 どんな理由かはわかりませんが友人と決闘することになった主人公の青年。
緊張するあまり指定の場所に早く着き過ぎてしまいます。

朝まで待つにしても、冬の早暁の河原はまだ真っ暗。
寒さで心身とも凍えた彼は橋の下に灯る焚き火の光に
誘われて近づいて行きます。

そこに居たのは今でいうホームレスの老夫婦。
焚き火に当らせて欲しいという主人公の服装と状況から、
決闘を察した老人は、自らの過去を青年に話し始めます。

 話の節々で老人が入れてくれる温かい白湯を飲む主人公の青年の
心と体が温まってくるのが読者にも伝わってきます。

真っ暗な冬の夜から日が明けていくにつれて青白く移り変わっていく
風景描写と青年の心理状態の変化が絶妙で実に巧い。

短編でこの技巧には舌を巻きました。お話はハッピーエンドなので
気分が落ち込んでいるときに読むと元気になりますぞ。

よじょう

 3人同時に彼女を作ってそれぞれからお金を貸してもらい、
A子から貰った物はB子に贈り、B子から貰った物はC子に、
C子から貰った物はA子に贈るというもぅダメダメな主人公。

ABC子全員をダマしてたことも当然にバレて、3人からも借金できなくなり、
ヤケで飲んだくれているところに、
熊本藩料理役人の父が何を思ったのか藩の剣術顧問に就いていた
あの宮本武蔵(ただし、もうお爺さん)に切ってかかり、
当然のごとく返り討ちにあって亡くなったという知らせが入ります。

すべてに嫌気が差してホームレスになった主人公は、
たまたま住処にした橋の下が宮本武蔵の登城道に面していたことから、
本人にはそんな気はさらさらないのに周囲の人が勝手に類推して

「父親の敵討ちをするために敢えてそういう姿になって
宮本武蔵の隙を窺っているのであろう。いやぁ感心感心。
これはわずかですが何かのお役に立てて下さい」と

食べ物からお金まで、いままで彼が求めても手に入らなかった物が
本人が望んでもないのにたくさん集まってしまいます。

噂を聞きつけた宮本武蔵も彼の住処の近くまでくると
毎回、単独で歩き出してかかって来いとばかりにポーズを取る始末。

引っ込みつかないなぁと思っていた矢先に宮本武蔵が老衰で亡くなります。

さぁ主人公のとった行動とは?
ひらがなで書かれた題名「よじょう」の意味とは?

読後感は爽快です。

~今回は「読書遍歴」と連動してますよ~








ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/












c0127726_20572373.jpg
[PR]
by amagasakimotor | 2014-11-20 20:59 | ぽてやん通信

ぽてやん通信1410

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1410


* * * *


今月号の題名や内容そのものが
お得意さまだけに
お教えするおトク情報だったので、
ブログでは公開しておりません。
お知りになりたい方は、
尼モのお客様になってくださいね~。  


* * * *












ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/










c0127726_20563392.jpg

[PR]
by amagasakimotor | 2014-10-21 20:58 | ぽてやん通信

ぽてやん通信1409

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1409

インド人もびっくり?人生初のカレー作り



その日の我が家の夕食はカレーでありました。
いつも夕食を作ってくれております嫁様には申し訳ないのですが、
その日のカレーはこれまた残念な、とても残念なカレーでございました。

表現は慎重を期しますが、残念とだけ申しておきましょう。
小5の長男までブーたれる始末でありました。

当然ながら遺憾の意を表明する我々に対しまして、
嫁様は「ソンナニゴフマンナラアナタガオツクリニナレバ
ヨロシイヂャゴザイマセンコト」との意をもっと砕けた言葉で発言されたのでございます。

ふむふむ面白い。ひとつ私が理想のカレーってものを
食べさせてあげようぢゃないかということになりました。

ここで皆さまに告白せねばならないことがございます。
私はまったく料理をしたことがございません。というかできません。
洗濯機の動かし方すら知りません。

片付けや掃除は私の担当なんですけどね。
このままではもしもの場合は生命の危機も感じないではありませんので、
嫁様に感謝しつつ料理もできなきゃなと思った次第です。

さてさてどうなりますか。

ルールとして嫁様は何も教えてくれませんので、
手探りで理想のカレー作り開始です。

すべて国産にこだわりブロック状牛肉300グラム。北海道産の人参1本。
ジャガイモ5個。淡路産玉葱2個。カレーの粉であります。

以下変人の調理が続きますが人生初ですのでご容赦下さいね。

私は人参と特に玉葱が原型を留めているのが嫌なので、
人参をすべてすり下ろします。玉葱はまず輪切りにしてから細切れに切りましたが
猛烈な催涙ガスが発生し涙出まくりのため作業中断。
換気扇を回して再開。

嫁版は火が通ってないようなジャガイモなので対策として輪切りにしてみました。

熱したフライパンに細切れ玉葱と輪切りジャガイモを投入。
キツネ色になるまで炒めてから鍋に移しました。

続いて牛肉とパックに入ってた葉っぱも香りつけだろうと思い一緒に炒めます。
赤ワイン少々振りかけるとなんとも良い香り♪~俺は料理のセンスがあるんじゃないかなんて
思いつつ鍋に移します。

次にすり下ろし人参も生臭さを取るため炒めてから鍋へ。
水は750mLとありましたが計量カップが180のしかないので4杯入れて720。

後30は野菜の水分が出てピッタリだとプロ並みの計算をして煮込むこと20分。
野菜がドロドロに溶けて良い感じ。ここで火を止め粉を投入。う~むカレーの良い香り。
さらに弱火で10分煮込んで一晩寝かします。おぉプロっぽい。

次の晩、冷蔵庫から取り出しますと。

ぬ!ジャガイモの量が多すぎたのか軽く膨張。

鍋の中が一個のデカいカレーのルーと化しております。
なんとか嫁の見てない間に熱湯を若干投入しますと、おっ♪元通り。試食タイムでございます。

さてさて星いくつでしょうか~?

嫁様☆★★星1つ。

長男★★★星ゼロ。

イスから転げ落ちました。

でんぷん恐るべし。たしかに口の中でモサモサしてましたね。
あと秘密ですが肉を切るのを忘れてたので肉大き過ぎました。

これらをまとめますと、日々短時間で料理を作っている嫁様に感謝でございます。

追記、葉っぱの行方は誰も知らない。












ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/



c0127726_2014502.jpg

[PR]
by amagasakimotor | 2014-09-04 20:15 | ぽてやん通信

ぽてやん通信1408

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1408

いや~クルマの中ってホントに暑くなるもんですね



「出かける猫に行き先聞けば旅行が好きでまたたびだ。」 歌丸です。


てな具合に夏の行楽シーズン突入で皆さまクルマで
家族や恋人と各地にお出かけなされることと思います。

観光地に行きまして駐車場に停めていたクルマに戻りいざ乗り込むと
車内が地獄の釜のように強烈に熱くなっておりますね。

さてそこで今月号は暑っつい車内を素早く冷やす方法についてシンケンに考えてみたいと思います。

まず思いますのは、そもそも炎天下に置くから暑くなるのであって、
屋内駐車場だったり建物や樹木の陰に置き直射日光から避けるだけでも
だいぶんちがいますわね。

えっ?そんな都合よく陰のある駐車場があるかいなって?そりゃそうですわね。
まぁあるに越したことはないので、日陰を見つけたら他人より早くシュッと停めて下さいませ。

で、停める際ですけど効果バツグンなのがサンシェード。
ご存知ですか?フロントガラスの内側に立てかける銀色のあのカサカサいうやつですわ。
安いのは百円くらいで売っていますよ(その代わりペラっペラですけど)。
これがあなどるなかれ、有ると無いとじゃ全然ちがいます。

トランクに積んでいてもいちいち出してきて立てかけるのが面倒臭いから
せんでもいいやって思ってる方多いと思いますが(僕もそうやったりして)、
あとの涼しくなるスピードがちがいますね。前側だけじゃなくて後ろ側にもして
おくとさらにいいですね。

あとはですね車内にこもった熱気をどう出すかなんですけど、
暑くても風のある日はすべてのドア(ワゴン車はリヤゲートも)開けとくだけで
勝手に押し出してくれますが、

風がまったくないとき(炎天下の昼間とかは不思議とそういう時が多いような気がする)
は助手席側の後部ドアひとつだけを開けといて運転席ドアを数回開け閉めすると
熱気が車外に出ていきますぞ。対角線上のドアでやるのがコツですね。

それからエアコンですが、
車内が暑っつっつの状態で乗り込んでいきなり「強」で回しますと、
エアコン内に溜まった熱風が顔面を直撃して余計に暑いので、
乗り込むのはちょっとひと段落おいてからがいいですよね。

エアコンも外気導入にしておいて、室内よりもまだマシな外気を取り込み、
涼しくなってきたら効率の良い内気循環に切り替えるのがベターな選択です。



* * * *


今月号のこれ以降の内容は
お得意さまだけにお教えするおトク情報だったので、
ブログでは公開しておりません。
お知りになりたい方は、尼モのお客様になってくださいね~。 
 


* * * *











ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/
c0127726_152878.jpg

[PR]
by amagasakimotor | 2014-08-02 15:18 | ぽてやん通信