カテゴリ:尼崎モーターの歴史( 2 )

創業77年特別企画Ⅰ 「曽祖父、祖父」 ~創業の時代~

皆さん、こんにちは、センムのほうです。
3月になりましたね~♪
もう春、啓蟄の時期ですね。

虫といえば、母が「亡くなった爺さん(祖父・会長)は、春になると虫が涌いてくるらしく、何事にもイライラして
ガサガサゴソゴソ落ち着かなくなっていた。あんたも爺さんに似てるから、木の芽時(春)には気をつけなさい」
と言っておりました。目つきまで変わっていたそうです(笑)。

そういえば、春が近づいてきた今日この頃、僕もなんか根拠もなくイライラしてましたね(特に先週)(笑)。
気をつけようっと。

今年は、曽祖父が家業を始めてから、創業77年。
以前好評でした弊社の歴史をリニューアルしてみました。

なつかし写真とともに、ちょっと当社がどんな変遷をしてきたのかご覧くださいね。

「この会社ずっと前からあるけど、昔どんなんやったっけ?」と思ってらっしゃる
ご近所の方も「あぁこんなんやったなぁ」とお楽しみくださいませ。

まぁこのへんが、尼崎モーターのルーツになるのでしょうなぁ。

c0127726_8204734.jpg


明治32(1899)年、ニューヨークタイムズ紙の社説において、
はじめて「自動車(automobile)」という単語が使用されたこの年、
当時15才の私の曽祖父、原井良太郎は、南海鐡道(現、南海電気鉄道)の
駅員見習になったようです。

その後、輸入され始めた蒸気バスの運転士となり、操作方法を知る整備士兼運転士ということで、車両とともに四国の琴平にまで渡ったそうです。

近畿へ帰ってからは、習得した修繕技術をもとに、大阪の池田、次いで川西の小花にて
当時はほとんどなかった輸入車や三輪バイクの修理を始めました。
社名は当社の前身、日進モータース。

昭和7(1932)年4月、この家業の日進モータースで手伝い始めたのが、
当時14才の私の祖父、原井修でした。
当社の創業はここから始まりますが、実際はもっとかなり前でしょうな。

このあたりの話は、祖父が書きまとめたものが保管してあるので、のちのちお話ししたいと
思っています。
彼が曽祖父、良太郎さんです。車と写っているのがポイントですね。

c0127726_8215174.jpg


途中戦争となり祖父も昭和14~20年まで兵役についていました。
終戦後の昭和21(1946)年9月には、小型自動車修理 日進工作所を開業。

昭和25(1950)年6月に、株式会社尼崎モーターは設立されました。
設立当初はご覧のように、バイクを扱っておりますね。

c0127726_8222156.jpg

c0127726_8224474.jpg


祖父です。
c0127726_8243281.jpg


これは、当社の真ん中の工場を組み立てているところです。今もありますよ。古いですなぁ。
この改築した2階をパプリカ神戸(カローラ神戸の前身)に貸していたそうです。
下の写真にその文字が見えますね。

c0127726_823542.jpg

c0127726_823227.jpg


私は歴史や物語の類いがとても好きでして、小さいときからいろいろと祖父に聞かせてもらった覚えがありますし、戦争に行ったときの写真を見せてもらった記憶があるのですが(そういうときは必ずレモンティーを飲ませてくれるのです)、

話してくれるのは、曽祖父の良太郎さんの話がメインで、私が大きくなってからも、
設立当初の話などはほとんど話してくれませんでした。台風になると庄下川が溢れて
一帯水浸しになった話ぐらいだったでしょうか。
子供の頃の母の話などを聞くと、常々機嫌が悪かったらしく苦虫を噛んだような顔を
していたそうなのでいろいろと辛いことがあったのでしょうね。

いまでも祖父の机のあった場所から真正面に見えるところに
アメリカの詩人サミュエル・ウルマンの詩「青春」の要約が掲げられています
(整備工場には不釣合いですが)

 『人間は信念とともに若くあり、疑念とともに老いる。
  自信とともに若くあり、恐怖とともに老いる。
  希望ある限り人間は若く、失望とともに老いるのである。』

このあたりに祖父の思考の謎を解く鍵があるのかもしれません。

祖父(会長)は一昨年亡くなりましたが、最後まで会社のことを気にかけていました。
祖父の意思を尊重すべく今日も真摯に仕事に取り組みます。

c0127726_8253393.jpg



社長個人ブログはアメーバブログ(アメブロ)の方にも構築中です。
こちらにも遊びにきてくださいね。

http://ameblo.jp/amagasakimotor

尼崎モーターのホームページはこちらです。

http://www.amagasakimotor.com/index.html
[PR]
by amagasakimotor | 2009-03-01 12:11 | 尼崎モーターの歴史

創業77年特別企画Ⅱ 「古いのれんで新しいサービス」 ~拡大の時代~

皆さん、こんにちは、センムのほうです。

さてさてさらに続きますよ。なつかし写真がいっぱいですよ。

c0127726_10303464.jpg

私が生まれた1973(昭和48)年の写真です。
この年、兵庫トヨタのトップセールスマンが入社します。
現社長、河野有です。

物怖じしない社交性と、抜群の機動力で
それまで故障がおきたら修理・修繕するという
修理屋のイメージが強かった尼崎モーターに、
新車・中古車の積極的販売という新しい風を吹き込みました。

これで新車、修理、車検、点検、保険、買取という
トータルサービスが強力に推進できるようになりました。

イベントをやっているときの社長です。今の私と同じくらいの年でしょうか。
c0127726_10351628.jpg


1981(昭和56)年には、新車販売をさらにアピールするためショールームを増築です。

c0127726_10314183.jpg

c0127726_18292583.jpg

いやぁなつかしいですねぇ。
c0127726_10325570.jpg

当時のクルマはいいですねぇ。
c0127726_10332359.jpg

おぉ~いいですね。
c0127726_10334389.jpg

復刻しないかなぁ。
c0127726_10335875.jpg

シンプルでわかりやすいですよねぇ。

モータリゼーションの興隆という言葉がさかんに使われた時代。
オイルショックを経て、高度経済成長から安定成長へと変わって行った時代とはいえ、
クルマも人も勢いがありますね。
見てください。アピり全開です(笑)。勢いを感じますね。
c0127726_10342690.jpg

父は、持ち前の社交性で積極的にどんどんお客様を増やして行きます。
思いついたアイデアを抜群の機動力で現実化して行きます。
c0127726_10345188.jpg


新車の展示会や、お客様フェア、周年祭りと、元々にぎやか好きな父は
考えるよりも先に周囲を巻き込み、お客様を巻き込んで行きます。

c0127726_1036433.jpg

c0127726_10362778.jpg


尼崎モーターはものすごい勢いで拡大していきます。
この頃のことを、こどもだった私は鮮烈に覚えています。
c0127726_10381367.jpg


新たなイベントの開催は、沈思黙考タイプの私と職人さんだけでは
ちと難しかったのですが、強力な助っ人ムードメーカー、ヨコザワ氏が入社し、
環境は整いつつあります。近々乞うご期待あれ!!

このころ、父が作った尼崎モーターのキャッチフレーズは
「古いのれんで新しいサービス」です。

創業から50年、設立から30年の当時、祖父からの古い伝統を踏まえた上で
時代の要求にあったサービスを生み出そうとするものすごいエネルギーを感じます。

JMC(自動車の青年会議所)で友達になった(いまでも仲良しみたいです)同世代の
同業種の人々が持っていた共通の問題意識なども影響しているのかもしれませんね。
時代は経れども、常に時代の要求にあったサービスをご提供するという、
尼崎モーターの背骨ともいえる理念でありますので、ホームページの表紙に掲げています。

ちなみに、私が作った尼崎モーターのキャッチフレーズは
「おクルマを通した一生のおつきあい」です。

父の代、祖父の代からのお客様、20年30年、50年以上おつきあいいただいている
お客様がいらっしゃることの誇りと幸せ、クルマというキーワードを通して、さまざまな
提案ができる会社、ながくおつきあいしていただきたいという願いを込めて掲げています。
ソフトでやさしいでしょ。性格が出ていますなぁ。

慎重居士で沈思黙考を好む私は、性質的には社長とは似ていませんが、
声は良く似ていると、お客様からもたびたび言われます。
20年来の私の友達でさえまちがえたくらいです(笑)。
まちがい電話おもしろエピソードは枚挙にいとまがありません。
お電話の際は「社長」か「センム」かご確認いただいたほうがよさそうです(笑)。

c0127726_1038525.jpg



社長個人ブログはアメーバブログ(アメブロ)の方にも構築中です。
こちらにも遊びにきてくださいね。

http://ameblo.jp/amagasakimotor

尼崎モーターのホームページはこちらです。

http://www.amagasakimotor.com/index.html
[PR]
by amagasakimotor | 2009-03-01 11:32 | 尼崎モーターの歴史

ていねいに誠実に85年 尼崎一番の老舗修理工場 最新故障診断機の導入でフォローもバッチリ!! 第10・11回兵整振自動車整備技術コンクール尼崎支部代表として連続出場


by amagasakimotor
プロフィールを見る