人気ブログランキング |

ぽてやん通信1505

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1505



* * * *


今月号の題名や内容そのものが
お得意さまだけに
お教えするおトク情報だったので、
ブログでは公開しておりません。
秘匿なのですよ。
お知りになりたい方は、
尼モのお客様になってくださいね~。  

* * * *










ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/








c0127726_21244769.jpg
# by amagasakimotor | 2015-05-12 15:13 | ぽてやん通信

笑いには持論があるぽてやんの愛読書遍歴1505

笑いには持論があるぽてやんの愛読書遍歴1505

「西方冗土 カンサイ帝国の栄光と衰退」

                    中島らも著



小学6年でした。土曜の夕方にテレビを見ておりますと、
子どもの私ですら「屈折してるなぁ」と思うほどシュールで難解な
コントなのか何なのかわからない『なげやり倶楽部』という番組がありました。

若き日のダウンタウンも出ていたらしいです。
その中で、サングラス姿のえらいのっそりした喋り方をする人が
ヒネリの効いた面白いことを言うなぁという記憶が残っています。
中島らもでした。

彼は深夜番組にもよく出演してましたね。10年ほど前に亡くなられましたが、
関西サブカルチャーを体現していたような人でした。

彼は著作が多く、古い作品は古本屋でほぼ100円で見つけられます。
この本もそんな1冊で東大阪の「イカ焼き」屋のメニューに
「シングル180円、ダブル300円、サブル450円」と書いてあった話や

「いくら食べようが呑もうが3000円。但し一杯呑んだだけでも3000円」と
豪語したおばちゃんの飲み屋に、
調子がいいと二升は軽いというような酒豪の友人2人と昼メシを抜いて、
日も暮れぬうちから駆けつけ、店の食物が無くなるまで呑み食いした話など
「アホ話」のオンパレード。

疲れたときに読むと頭が癒されます。

 






ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら

http://www.amagasakimotor.com/












c0127726_21203818.jpg
# by amagasakimotor | 2015-05-12 15:09 | 愛読書遍歴

ぽてやん通信1502

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1502



* * * *


今月号の題名や内容そのものが
お得意さまだけに
お教えするおトク情報だったので、
ブログでは公開しておりません。
お知りになりたい方は、
尼モのお客様になってくださいね~。  

* * * *










ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら
http://www.amagasakimotor.com/








c0127726_21244769.jpg
# by amagasakimotor | 2015-02-24 21:26 | ぽてやん通信

サイン本もけっこう好きなぽてやんの愛読書遍歴1502

サイン本もけっこう好きなぽてやんの愛読書遍歴1502

「光圀伝」
         冲方丁 著



「助さんも聞きなさい。格さんも聞きなさい。」でおなじみの
水戸黄門が徳川光圀という実在の人物であることは多くの方が
ご存知かと思いますが、彼がどんな人生を歩んだのかは
あまり知られていないのではないでしょうか。

お兄さんがいてはるのですが、どういうわけか
水戸藩の半分規模の高松藩の藩主に出され、
光圀は本家の後継にされます。

このことが幼い光圀に強烈な影響を残し
「なぜ兄じゃなく俺なんだ」という後ろめたさをひきずり苦悩します。

江戸時代ですから余計キツイですよね。
まぁ父親もちょっと変わった人なんですが。

結局光圀は藩主相続の際に兄の息子2人を自分の養子にして後継者にします。
兄は兄で弟の息子を養子に迎えて高松藩の後継にします。
藩をバーターしたのです。知ってましたか。

また彼は妻を若くして亡くし、年下の友人や有能な部下など
次々に亡くしています。

「カッカッカッ」と悪人を懲らしめて笑う白髪の彼は
漫遊伝説から生まれた別人です。

実在した彼の葛藤を活き活きと描きだした著者の腕に感服しました。
うれしかったのはネットで偶然見つけた本書(古本)に
冲方丁さんのサインがあったこと。

思わぬ収穫でした♪

 






ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら

http://www.amagasakimotor.com/












c0127726_21203818.jpg
# by amagasakimotor | 2015-02-24 21:21 | 愛読書遍歴

ぽてやん通信1501

不定期連載
尼崎モーター社長の「ぽてやん通信」1501

年初からつかしんについて
    けっこう熱く語ってみる



新年あけますと早いものですね。
あっというまに1月も終わってしまいそうです。

ネタになりそうな強烈なお話を年末に仕入れたのですが、
なかなかうまく書けず手こずっておりますので、
今月は我が家がよく行く「つかしん」のお話を。

 つかしんといいますのは尼崎の方はご存知かと思いますが
尼崎北部にあったグンゼのパンツ工場を潰して、西武百貨店が
鳴り物入りで建設したショッピングセンターです。

 名付け親はあの糸井重里。「うれしい。たのしい。つかしん」とかいう
キャッチコピーが当初あったような。今年で30周年ですって。

 バブルの前ということもあって当時イケイケの西武は
斜めに登るガラス張りのエレベーターを備えた豪華な本館を建てまして
「おしゃれ」なお店がいっぱい入った時代の最先端を行くデパートだったと
子供ごころに記憶しております。

 まぁ泡ハジケ後は、どこも同じでしょうがドンドン店舗が歯抜けに
なって行き、伊丹のダイヤモンドシティが出来た頃が底辺だったので
はないでしょうか。

「行っても何も無い」レベルで荒廃感が漂っておりました。
もう閉鎖かなと思ってた矢先、スーパーの平和堂が出店すると同時に
大規模なリニューアルを行ってからは往時の勢いを取り戻しました。

おそらく復活の鍵は「食べ物」と「子連れ」にあるんじゃないかなと思いますね。

安価な飲食店がとても多いことと小さい子供がいてはる家族が移動
しやすいように工夫がされてますね。

 今回つかしんのことを書きたかったのは読書コーナーとも連動してる
のですがつかしんも後述のUSJも「リノベーション
(既存の在る物を新しく生まれ変わらせるように手を加えて改造や改築すること)」で
成功したケースなんです。

 リノベーション成功の秘訣は「変化や経費は改築なんだけど、
いかにそれを新築だと思ってもらえるか」だそうです。

「まったく生まれ変わりましたよ」というのをいかにうまく演出できるかがポイントでしょうね。

 まぁ難しい話は、このへんで置いといて「つかしん」に興味が沸いたあなたの
ためにあまり待たずに駐車場に入る方法をご紹介いたしますぞ。

自宅から目をつむったままでつかしんの駐車場まで行けるんじゃないかと
思われるほどつかしんに行っている自称「つかしにゃー(?)」が
自信をもっておすすめいたします。

進入経路は主に3つ。

つかしんより南にお住まいの方はそのまま「産業道路(13号線)」を北上
すれば良いのですが入口Aと入口Bがあります。

これは、AよりもBの方が待たずに入れます。

次に以北(伊丹、川西、豊中など)の方の進入路はそのまま産業道路を南下して
入口Cとなりますがこれはダメです。おっそろしく待たされます。

この場合は新幹線の高架下「南町4」の交差点を右折し、キューピーの工場を
眺めつつ次の信号を左折。つかしんの周囲を舐めるようにシュッと走り
グルっと回ってやはり入口Bから進入するのが正解です。

地図上では遠回りに見えますが、
あなたは対岸のC待ちで渋滞してる車列を優越感に浸りながら眺めつつ
Bからスムーズに入れることでしょう。

 これらをまとめますと「つかしにゃー」ってなんやねんというお話。










c0127726_20342397.jpg


















ていねいに誠実に80年
尼崎一番の老舗修理工場
尼崎モーターのホームページはこちら

http://www.amagasakimotor.com/
# by amagasakimotor | 2015-01-20 20:37 | ぽてやん通信

ていねいに誠実に87年 尼崎一番の老舗修理工場 最新故障診断機の導入でフォローもバッチリ!! 第10・11回兵整振自動車整備技術コンクール尼崎支部代表として連続出場


by amagasakimotor
プロフィールを見る
更新通知を受け取る